1. HOME
  2. 記事
  3. 電気施術の可能性
電気施術の可能性
2015.09.26

電気施術の可能性

神奈川県で「はしもと接骨院」を運営されている羽田野龍丈氏。長い時間と検証を重ね時短に成功した電気施術「羽田野式ハイボルト1分間療法」は、ぎっくり腰、捻挫などの急性の患者さまに対し、最短1分で効果を発揮できる施術メソッドです。(2019年8月加筆)

急性の痛みに“時短施術”という提案

神奈川県で「はしもと接骨院」を運営されている羽田野龍丈氏は、「全国に一人でも多く、ハイボルト技術を使える仲間を作りたい」との思いから電気治療協会を立ち上げ、柔道整復師・鍼灸師に対してセミナー活動、体育協会などの公共行事のアマチュアスポーツのボランティアなど精力的に活動されています。そんな羽田野氏の接骨院には、独自の施術を受けに、連日待合室に溢れるほどの患者さまが訪れ、中には車で1時間もかけ通う方もいらっしゃるそうです。

羽田野氏が長い歳月と検証を重ねて編み出したオンリーワンの施術方法「羽田野式ハイボルト1分間療法」は、羽田野氏が最も得意とされるハイボルトを用いた電気施術で、ぎっくり腰、捻挫などの急性の患者さまに対し、最短1分で効果を実感いただける施術メソッドです。

「羽田野式ハイボルト1分間療法」とは?

■「羽田野式ハイボルト1分間療法」が生まれた経緯

開業当初から様々な手技・技術を研究し取り入れていました。ある日、微弱電流施術のセミナーに参加し、ハイボルトの存在を知りました。そこでは名だたるアスリートの使用も紹介されていました。ハイボルトについて一言でいえば「何でも治る」というものでした。「何でも治るのなら!」と、ハイボルトを導入することを決意したのです。当時は専門のセミナーや勉強会がなかったので、自分なりの研究を続けていました。

そんな中、「肘と首が痛い」という患者さまが来院されたことがありました。頸椎にハイボルトを当ててみたところ、「肘の痛みが取れた!」と驚かれたのです。その時、痛みが出ている箇所に電流を流すのではなく、肘の痛みの原因となる首に当てるべきだと気づきました。それからは解剖学の本を見ながら、筋肉の痛みに影響するのはどこかと追求を重ねました。その時期は開業当初だったのですが、ハイボルトが効果が出るということで、患者さまも徐々に増えてきました。しかし、患者さまが増えたことで、お一人お一人に時間をかけられなくなってしまったのです。そこで今度は、時間を短縮するための追求を始めました。「何でも治る」という確固たる自信が自分の中で確立したこともあり、施術時間を短縮し、最短1分で効果を出すという方法に至りました。

そうしているうちに、ハイボルトを使用している先生方との座談会のオファーをいただきました。みなさん、「羽田野式ハイボルト1分間療法」に大変興味を示していただけたようでした。

これまでも、来院された患者さまが、隣のベッドで「1分間療法」を受けている方を見て、「うちの田舎の家族も見てほしい。近くにその機械を置いている院はないの?」と聞かれることがありました。「ハイボルトという機械は普及しているけれど、同じ使い方をしているわけではない」と伝えると「その先生に教えに行ってよ」と。教えることで技術が広まり、同じぐらい効果を出せる接骨院が増えていく……これは素晴らしいことだと感じました。今では、自分の技術を広く普及する活動を全国で続けています。