1. HOME
  2. 記事
  3. 施術スタッフの教育
  4. スタッフがすぐ辞めるのはなぜ?スタッフの定着率を上げるには

スタッフがすぐ辞めるのはなぜ?スタッフの定着率を上げるには

人材を採用し、教育していくには多くの時間とコストがかかります。しかし、せっかく育てた優秀なスタッフがすぐ辞めてしまうと、継続的な人材育成ができず、患者さまに提供する施術スキルが低下し、業務全体に悪影響が出ることもあります。定着率を高め、優秀な人材が流出するのを防ぐにはどうすれば良いか、見直すべきポイントをお伝えします。

この記事が役に立ったらシェア!

まず院の定着率を計算してみよう

定着率とは、入社したスタッフがどれくらい定着しているかを表す指標です。例えば、4月1日に4名の新入社員が入社し、1年後に2名が離職せず働いていた場合、「入社1年目の定着率は2(名)÷4(名)×100=定着率50%」となります。

また、3年後の4月1日に10名中7名が残っていた、という場合は「入社3年目の定着率は7(名)÷10(名)×100=定着率70%」となります。

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

既に会員登録をお済ませいただいている方は、
ログインページよりログインしてお進みくださいませ。

自費導入に失敗した接骨院の共通点!自費施術の落とし穴

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
自費導入の落とし穴
無料DL自費導入の落とし穴

自費導入をしている接骨院が増えてきてい...

記事カテゴリ一覧