記事ARTICLES

疲労大国ニッポンを救う!?
2017.03.24

疲労大国ニッポンを救う!?

「ストレス社会」と呼ばれる現代において、老若男女を問わずすべての人が疲労と無関係ではないと言えます。疲労による身体の不調を訴え接骨院に来院する患者さまも少なくありません。今回は、この「疲労」を取り上げてみたいと思います。

疲労に関する意識調査

2015年に行われた「疲労とアンチエイジングに関する意識調査」(全国の40~60代の男女600名対象/SBIアラプロモ株式会社公表)によると、なんと51.2%もの人が「常に、またはしばしば疲労を感じる」と回答しています。

さらに、「たまに疲労を感じる」という人を加えると87.3%、実に9割近くもの人が、日々の生活の中で疲労を感じていることが判明しました。疲労による影響についても合わせて聞いたところ、「特に影響がない」と回答した人は15.9%で、残りの84.1%は「何らかの影響を感じている」と回答しています。疲労が与える影響の大きさが、この調査から明らかになりました

疲労は多くの動物が備え持つ防御シグナルであり、疼痛、発熱と並び生体への三大アラームと言われています。しかし、その科学的根拠は長らく説明できないままでした。そんな中、1991年に発足した旧厚生省の「慢性疲労症候群研究班」によって、疲労の化学的根拠が明るみになりました。

さらに1999年に始まった科学技術庁(現・文部科学省)の「疲労および疲労感の分子・神経メカニズムとその防御に関する研究」では、疲労が起きるメカニズムも解明され、疲労とは「過度の肉体的および精神的活動、または疾病によって生じた独特の不快感と休養の願望を伴う身体の活動能力の衰退状態」と定義されました。

この定義からもわかるように、疲労は「精神的疲労」と「身体的疲労」の2種類に分類され、さらに「脳疲労」を加えると、3つに分類されます。疲労の継続時間による分類として「急性疲労」「亜急性疲労」「慢性疲労」の3種類が存在します。通常の疲労であれば、休養をとる等の方法で解消されるものですが、継続時間の長い慢性疲労の場合は疲労が蓄積された状態であり、容易に解消されません。その症状には主に、強い疲労感、筋肉痛、頭痛、咽頭痛、睡眠障害、精神障害、脳機能障害があるとされています。

ただし、ここで注意しておきたいのが「疲労」と「疲労感」です。この2つの単語は同義語として使われがちですが、実は疲労と疲労感とはまったく異なるものなのです。例えば同じ道のりを“観光として風景を楽しみながら歩く場合”と“仕事場に向かって歩く場合”、距離が同じであるにもかかわらず、疲労感がまったく異なるのではないでしょうか。
また、つまらない単純作業はすぐに飽きて疲れてしまいますが、やりがいのある仕事や楽しい作業(例えば趣味のテレビゲームなど)は疲労感が少なく感じられます。

「疲労」が肉体的に受けるものであるのに対し、「疲労感」は意欲や達成感に大きく影響されることがわかっています。これは、前頭葉が発達した人間だからこそ受ける影響です。実は身体は疲労しているにも関わらず、ドーパミンやβ-エンドルフィンといった興奮物質が生み出す達成感によって、疲労感を抑えているのです。

ほねつぎアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル