柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師向け情報サイト
  1. HOME
  2. 記事
  3. 患者さまに伝えたい健康情報
  4. 胃液では炭水化物や脂質は分解されないのはなぜか?【物販奮闘記】

胃液では炭水化物や脂質は分解されないのはなぜか?【物販奮闘記】

それぞれの臓器には役割が決まっています。例えば、「消化器」は、口から肛門までの器官です。つまり、「口」は消化器であって呼吸器ではありません。その口が呼吸期の役割=口呼吸がメインになっている人の体には、何が起きてしまうのでしょうか・・・。このような知識を分かりやすく説明できると、患者さまの納得度も変わります。今回は、消化器の一つである「胃」の役割について学んでいきましょう。

この記事が役に立ったらシェア!

胃の役割

胃の役割といえば、「たんぱく質の分解」ということは理解されていますよね。では、なぜ胃でたんぱく質の分解をしなければいけないのか?それを考えたことはありますか?

嘔吐という行為を一度は経験したことがあると思います。嘔吐の原因は様々ですが、


「これ以上食べ物や飲み物を体に取り入れたくない」
「今は消化の活動をしている場合ではない」
「これは体内に入ってはいけないものだ」


など、とにかく「体の中に取り入れられたら困る」ときに起こるアクションです。

胃から先は十二指腸→小腸となり、吸収の工程に入っていくので、胃で吸収して良いものを選別するようなメカニズムができているのです。

空港では、手荷物を全てスキャンし、通ってはいけないものがないかをチェックしますよね?体の中でも同じことが起き要るのです。

胃は、体の中で、空港で言う保安検査場のような役割を持っているんですね。


では、皆さんに問題です。
胃液で炭水化物や脂質は分解されないのはなぜなのか?

胃液で炭水化物や脂質は分解されないのはなぜ?

それは、「たんぱく質を分解するペプシンが胃酸に含まれているからじゃないか?」と思う人が大半だと思いますし、間違いではありません。


重要なのは、たんぱく質と炭水化物・脂質との違いは何か?ということ。

食べ物をずっと放置していると、炭水化物や脂質は表面から傷んできます。正月にお餅を余らせて、表面にカビが生えてしまった!という経験をされた人もいますよね?それに対し、たんぱく質はどうでしょうか?


豚肉は「しっかり焼いてから食べないといけない」と昔、親から注意を受けたことがあります。中まで火を通すことで安全に食べられるのですが、なぜそう言われるのでしょうか?

それは、たんぱく質の腐食は表面だけでなく、内側にも侵食しやすいから。そして、菌は生きた状態で、表面だけではなく中側にも存在することが多いという理由。


胃酸(強酸)によって表面だけ消毒されても、内側には菌が残っている可能性があります。菌を弱らせたり倒したりするためには、たんぱく質を分解する必要があるのです。

だから、胃はたんぱく質を分解する消化酵素が出なくてはいけないのです。

体というものは、悪いものを吸収しないように工夫を凝らしているのです。

LINE公式アカウント登録

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
事業計画書の書き方
無料DL事業計画書の書き方

接骨院を開業する際に必要な事業計画書は...

記事カテゴリ一覧