情報紙HONETSUGI ACADEMY

複合高周波を使ったインナーマッスルトレーニングとは?
2015.06.26

複合高周波を使ったインナーマッスルトレーニングとは?

複合高周波を使ったインナーマッスルトレーニングとは? アスリートも大学教授も認めた! 特に最近、ダイエットの特集でインナーマッスルを鍛えることが重要といった記事を見かけるようになりました。 下腹が出てきた、おしりが垂れてきた、ウェストラインがなくなってきた、食べ・・・

アスリートも大学教授も認めた!

特に最近、ダイエットの特集でインナーマッスルを鍛えることが重要といった記事を見かけるようになりました。

下腹が出てきた、おしりが垂れてきた、ウェストラインがなくなってきた、食べるとすぐ太る…といった悩みをこのインナーマッスル―深層筋―を鍛えることで改善しようというものです。

実はインナーマッスルというのはきちんとした定義があるわけではないのですが、深層筋の名が指し示す通り、身体の奥に位置する筋肉のことです。大腰筋や腸骨筋が代表的で、姿勢の維持や関節の固定といったバランスを担う筋肉であるといったものを多く見かけます。もちろん姿勢の維持などにはアウターマッスルも関係しているので、一概にインナーマッスルだけがそうであるとは言い切れませんが、深い関係にはあるようです。

こうして考えてみると単純に体重を減らすダイエットではなく、ボディラインやキレイな姿勢を目指すダイエットのようですね。姿勢が良くなるということは、普段使われていなかった筋肉を普段から使うようになったり、姿勢が悪く圧迫されていた内臓が良く動くようになるでしょうから、おのずと代謝にも影響が出てきそうです。
鍼灸接骨院業界でもここ数年で「姿勢」を打ち出す院が増えてきましたが、先生方には骨・筋肉を正しく使うといった視点から今後も普及を続けていただきたいテーマです。

さて、今号はこのインナーマッスルと複合高周波についてインタビューを通して考えてみたいと思います。低周波機器を院に置いておられる方は多いですが、複合高周波とは低周波・中周波・高周波といった異なる周波数を重ねたものです。従来の低周波では表層筋で通電が拡散されてしまい、深層筋にまでは届かないのですが、同時にアプローチが可能となるよう開発がなされてきました。これから導入をお考えの先生も、既に導入を始めている先生も改めてこの複合高周波がインナーマッスルに与える効果について考えていただければと思います。

アスリートインタビュー

相撲という世界でトップクラスに君臨する横綱・日馬富士関。体幹を鍛え、しっかりさせることは、相撲という競技の動きにとっても極めて重要だそう。また、毎日の激しい稽古で、身体のあちこちに故障や不調部位を抱えることも多いので、日ごろからインナーマッスルにも着目しているのだとか。今日は体幹・インナーマッスルのトレーニングについて日ごろから気をつけておられることをお伺いしたいと思います。

■体幹・インナーマッスルは相撲という競技においてどのような役目を担っていますか?
日馬富士)体幹やインナーマッスルは、相撲においても自分の持っている力を十分に引き出すために一番重要な役割をする筋肉になります。特に上肢と下肢を繋いでいる唯一の筋肉である「腸腰筋」は重要なインナーマッスルですね。体幹やインナーマッスルのバランスが取れていないと取組で最高のパフォーマンスが出ないと言っても過言ではありません。

■普段、体幹・インナーマッスルをどのように鍛えておられるか教えてください。
日馬富士)相撲では、伝統的に「四股」「てっぽう」「すり足」「股割り」といったトレーニングを基本としてますが、実はそのそれぞれが、インナーマッスルや体幹を強化するトレーニングになっています。昔から、「足腰を鍛える」運動と言われておりますが、実際にはインナーマッスルをバランス良く鍛えられる伝統的なトレーニング方法なのです。

■エクスケア・ジャパン(株)の複合高周波EMS機器「エクスケアPRO」を使っての感想をお聞かせください。

日馬富士)インナーマッスルは鍛えるのも重要なのですが、実はそれに加えて柔軟性も大切なのです。先ほどのトレーニングだけではなかなか柔軟性まで上げるのは難しいのですが、この機械は深部のインナーマッスルをしっかり鍛えてほぐしてくれるので非常に気に入っております。特に「腸腰筋」は体の一番奥にある筋肉なので普通の治療機では作用させるのが難しいのですが、この機械ならばしっかり届いて動かしてくれているのがはっきり分かります。

また、肩や腰、膝などの深部のインナーマッスルにも使えるのが良いですね。取組前のウォーミングアップにも取組後のケアにも非常に重宝しております。
大相撲夏場所、千秋楽での活躍も記憶に新しい日馬富士関。(株)エクスケアジャパンがご自宅に取材に行かれた時には、「子煩悩で家族思いの良きパパ」という素顔の一端を見せてくれたそうです。今回も、夏場所直後の疲れもある中、快く回答をお引受けいただきました。横綱という厳しい立場で日々高みを目指す日馬富士関の今後の活躍を私たちも応援していきたいです!日馬富士関、ありがとうございました。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

今回は、大相撲横綱へのインタビューが実現でき感動でした。アスリートの方々は、表層筋だけではなくインナーマッスル―深層筋―も重要視されているようです。プロのアスリートとまではいかなくとも、普段筋トレやウォーキング、ランニング、その他スポーツに取り組んでおられる方にも非常に重要な要素となりそうです。より効率的・効果的なトレーニングとなるように来院された患者様に教えてあげることができるよう着目してみてはいかがでしょうか。

まずはスポーツの側面からインナーマッスル・体幹のトレーニングについて触れてみました。次は科学的な視点からのお話を伺いたく大阪電気通信大学 吉田教授を訪問し貴重なお話を頂戴してまいりました。患者指導においても確かな視点から自信をもってお話をするのとしないのとでは説得力も違ってきますので、参考にしていただければと思います。

大学教授に聞く 複合高周波とインナーマッスル

大阪電気通信大学 理学療法学科にて教鞭を取りつつ私たち鍼灸接骨院関係者・施術者にも興味深い研究に力を注いでおられる吉田教授にお話を伺ってきました。

■ご専門や研究について教えていただけますか。
吉田教授) 理学療法士を目指す学生たちを教えながら、筋肉やその力についてエコーを用いた評価・研究を行っています。筋力の視覚化などができれば高齢者の運動の補助や介護にも利用できるのではと、日々研究を重ねております。

■今回複合高周波EMSにおいて検証をされたとのことですが、今後その検証に基づいてどのような研究・応用ができそうでしょうか。
吉田教授) 今回の検証は、超音波を用いて表層筋および深層筋が、実際に動いているかどうかを見ました。筋肉に電気刺激を与えると最大筋肉量が上がるというのは言われているんですが、ただ単に「動いているだけ」ではなくて筋肉の質の違いがわかるようになればと。今回検証した複合高周波であれば、深層の筋肉まで刺激を与えることができますので、その質の違いについて今後評価ができれば面白いと思いますね。

あとは、今回の検証では(個人差があるが)しっかりと筋肉が動きましたので、高齢者の方向けに刺激自体はソフトであるが、運動と同等の効果を得られるような、本当に「楽してトレーニング」ができるメソッドとして確立できないかなというのも考えております。

■周波数と深層筋への通電についていわゆる低周波と高周波ではどのような違いがあるでしょうか。
吉田教授) 低周波は痛いです(笑)市販で売られている低周波機器を使用されたことがあればイメージしやすいですが、ピリピリとした痛みがあります。周波数が高くなると比例してその痛みがなくなっていきます。つまり高周波は、痛みが少なくソフトな感覚で作用させることが可能だと考えます。

■通電することによる筋肉への刺激というのは、トレーニングとして有用なのでしょうか。
吉田教授) 今回、通常のトレーニング時との筋肉の動きの比較を、エコーを用いた検証と、血中酸素濃度を測る装置で検証を行いましたが、同程度の結果が得られました。有酸素運動を行うと血中酸素濃度が低下しますので、有酸素運動なのかどうかがこの装置でわかるんです。

意識して筋肉を動かす有酸素運動も、複合高周波を用いた自身の意思に関係なく筋肉を動かすトレーニングもいずれも筋肉の運動は行われていますが、後者のトレーニングであれば本を読みながらでもできてしまいますね。
そういう意味では運動代替になると言えるのではないでしょうか。それに、高齢者や激しい運動のできない方にとっても、トレーニング補助として活用する事ができそうです。

■最後に、東洋医学・鍼灸接骨院では、西洋医学に比べるとまだまだその科学的証明が圧倒的に少ないがために、その有用性を説くことが難しいのですが、研究者としてアドバイスをお願いします。
吉田教授) 先生方の技術というのは素晴らしいものだと思います。ですから「なぜだろう」と思うことをしてほしいですね。

病院でも素晴らしい技術がまだまだ認められず点数のつかないものがあります。それは「科学的根拠」が出ていないからなんです。今後の発展のためにも、どういった原理があるのかというのを追求していっていただければと思います。

■ありがとうございました。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

誌面に載せきれなかったのですが、こういった研究というのは私たち鍼灸接骨院関係者・施術者たちにとっても新たな患者指導に繋がりそうで、ついつい関係のないお話まで深堀りして聞いてしまいました。

最近では、中高年以外でも若い年齢層で尿漏れに悩まされてる方が多くなってきているのだそうです。理由がわからず病院に通って薬での治療を行われている人の中には、インナーマッスルの低下という理由を抱えておられる方も。

高齢化に伴った介護も寝たきりにならないような高齢者向けのトレーニングもますますニーズが高まりそうです。女性たちにとってはインナーマッスルを鍛えることによる代謝やそれによる美容効果も期待度が高いでしょう。複合高周波を用いたトレーニングはそういった現代の悩みに答えるものなのかもしれませんね。

先生方も、この複合高周波の用いられた機器導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル

柔道整復師の道しるべとなる:ほねつぎアカデミー運営部から、療養費・技術・経営・開...[つづきをみる]