1. HOME
  2. 記事
  3. はじめての開業
  4. 接骨院開業のための事業計画書には何を書けばいいの?

接骨院開業のための事業計画書には何を書けばいいの?

事業計画書は、新しく始める接骨院をどのように運営していくのか、具体的な行動を書き示すために必要な計画書です。経営者の開業イメージを事業計画書であらわすことで、金融機関やスタッフ等に理解してもらいやすくなります。特に、融資を受ける場合は、この事業計画書は非常に重要となるため、金融機関から信用を得られるよう要点を抑えた事業計画書の作成が求められます。(公開:2019年11月18日、更新:2021年4月21日)

この記事が役に立ったらシェア!

事業計画書とは

事業計画書は、新しく始めるビジネスをどのように運営していくのか、具体的な行動を書き示す計画書のことです。経営者の頭の中で思い描いている事業イメージを目に見える形で表すことで、企業の存在意義・方向性、その計画が本当に実現可能かどうかを判断することができます。

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

既に会員登録をお済ませいただいている方は、
ログインページよりログインしてお進みくださいませ。

自費導入に失敗した接骨院の共通点!自費施術の落とし穴

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
自費導入の落とし穴
無料DL自費導入の落とし穴

自費導入をしている接骨院が増えてきてい...

記事カテゴリ一覧