1. HOME
  2. 記事
  3. 接骨院の事例紹介
  4. CASE5:耳介神経圧迫へのアプローチ

CASE5:耳介神経圧迫へのアプローチ

主訴:突発性難聴、回転性めまい

この記事が役に立ったらシェア!

【患者情報】

・40代男性/やせ型
・システムエンジニア
・10年以上前から難聴の症状があり、特に高音が聞き取りづらく、右耳に関してはほぼ聞こえない。左回りの回転性めまいがあり、直進歩行でも補正がかかるため、跛行してしまう。階段を登る際は、後方にふらつきが出るため、手すりを持たないと上れない。閉眼片脚立位保持不可。病院やカイロプラクティック、鍼灸院などに通院し、時間もお金もかけたが、症状変化を実感することはなかった。

【施術選択のポイント】

姿勢分析においても、骨盤前方前傾変移と共に下肢長差(右が短い)、ストレートネック、胸椎(T3・T4付近)の左回旋(棘突起の右回旋)変位などが見られた。

めまいの他に頭痛も併発するとのことで、耳介神経圧迫の可能性も指摘。

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

既に会員登録をお済ませいただいている方は、
ログインページよりログインしてお進みくださいませ。

接骨院開業の流れ

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
事業計画書の書き方
無料DL事業計画書の書き方

接骨院を開業する際に必要な事業計画書は...

記事カテゴリ一覧