ドリーム・プレ・セミナー ドリーム・プレ・セミナー

記事ARTICLES

脳を覆う脳脊髄液と頭蓋
2018.12.21

脳を覆う脳脊髄液と頭蓋

ヒトの思考や行動、生命維持など、生きていく上で必要な事柄のすべての司令塔である脳。脳は脊髄と同じく、胎生の早い時期に外胚葉から分化した神経管に由来しています。神経管の内腔は中枢神経系が完成した後も腔所として残り、脳では脳室、脊髄では中心管となり、その内腔を脳脊髄液が満たしています。脳脊髄液の役割は明らかではありませんが、主に脳の水分含有量を調節し、形を保つ役割をしていると考えられています。

脳脊髄液の流れ

脳脊髄液は、脳室内にある特殊血管(脈絡叢)で1日に約500ミリリットルが産生され、脳室を側脳室→モンロー孔→第3脳室→中脳水道→第4脳室→中心管の順に流れ、硬膜静脈洞へ吸収されると考えられています。産生~循環~吸収が繰り返されている脳脊髄液ですが、循環・吸収経路でその流れが悪くなると、頭蓋内に脳脊髄液が溜まり、脳室が拡大し、歩行障害、精神活動の低下、排尿障害等の症状を発症します。これを正常圧水頭症(iNPH)と呼びます。正常圧水頭症はその症状から認知症と間違われがちですが、脳脊髄液の研究が進み、治療で改善が可能であることが近年わかってきています。
一方、脳や脊髄は結合組織からなる3枚の膜で包まれて存在していますが、この膜は髄膜と呼ばれます。

ほねつぎアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
執筆者
石垣 雅則Ishigaki Masanori
・過去50院以上の接骨院を運営およびコンサルティング経験あり ・多くの院長、接骨院チェーンのSVへの研修を行ってきた実績を持つ ・圧倒的な身体に関する知識を有する 柔道整復師
よりよい施術を探し続ける探究者

現在も現場で多くの患者に触れており、改善を繰り返しながら新しい施術法を開発する。 柔道整復術だけではなく鍼灸、整体、カイロ、機材、テーピング、指圧、トムソン、腰痛など種類問わず身体に関する理論・技術を貪欲に追い求め、自身の技術に組み合わせ続けてきた。 院長業務を兼任しながら、HONEY-STYLEの自費メニュー開発、ほねつぎブランドの技術研修総合指導を務める。 現在はアトラ株式会社において、全ての技術指導、技術開発を務め、ほねつぎブランドにおいての指導強化にあたっている。 ほねつぎチェーン スーパーバイザー。

ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル