2019年12月3日 ほねつぎアカデミーはアトラアカデミーへ名称変更しました。

記事ARTICLES

「痛み」を伝導するC線維の触覚機能
2020.01.20

「痛み」を伝導するC線維の触覚機能

皮膚は、生命維持のため身体内外の変化を敏感に察知します。さまざまな感覚受容器があり、温・冷覚や痛覚を感知する神経線維には、接触による「気持ち良い」「気持ち悪い」という感情を喚起させるものもあるようです。

痛みの感覚には 2種類ある。

環境変化の刺激を中枢神経に伝えるために、感覚受容器によって刺激は電気信号に変換されます。皮膚においては、さまざまな感覚受容器がありますが、温・冷覚や痛覚を感知するのは侵害受容線維とよばれる神経線維(自由終末)であり、侵害受容器に侵害刺激が加わると、活動電位を発生し侵害受容線維を伝導する仕組みとなっています。

痛みには、怪我をした瞬間に感じる針で刺されたような痛みと、その後に続くジンジンした痛みがあります。前者の鋭い痛みは「一次痛」と呼ばれており、主に機械的侵害受容器で受容され侵害受容繊維を伝導します。後者の鈍い痛みは、主にポリモーダル受容器で受容されます。これを「二次痛」といいます。

アトラアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
執筆者
石垣 雅則Ishigaki Masanori
・過去50院以上の接骨院を運営およびコンサルティング経験あり ・多くの院長、接骨院チェーンのSVへの研修を行ってきた実績を持つ ・圧倒的な身体に関する知識を有する 柔道整復師
よりよい施術を探し続ける探究者

現在も現場で多くの患者に触れており、改善を繰り返しながら新しい施術法を開発する。 柔道整復術だけではなく鍼灸、整体、カイロ、機材、テーピング、指圧、トムソン、腰痛など種類問わず身体に関する理論・技術を貪欲に追い求め、自身の技術に組み合わせ続けてきた。 院長業務を兼任しながら、HONEY-STYLEの自費メニュー開発、ほねつぎブランドの技術研修総合指導を務める。 現在はアトラ株式会社において、全ての技術指導、技術開発を務め、ほねつぎブランドにおいての指導強化にあたっている。 ほねつぎチェーン 技術総責任者。

アトラアカデミーチャンネル
【提供しているチャンネル】
アトラアカデミーチャンネル