記事ARTICLES

腰椎椎間板ヘルニア
2019.08.13

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアの基礎的な知識やその回復過程、現在はどのような施術が行われているのかについて解説します。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

「椎間板ヘルニア」とは、背骨のクッションである椎間板の中身(髄核)が後方へ突出(脱出)し、脊髄神経及び、神経根を圧迫することで腰痛や坐骨神経痛、しびれ、麻痺などの下肢症状を引き起こす状態のことを言います。

これまでは、飛び出した髄核を取り除き、神経への圧迫を軽減させるという手術が主流でした。現在、最も一般的に行われているLOVE法をはじめとして、経皮的髄核摘出術、レーザーによる腰椎椎間板除圧術、腰椎固定術など、多種多様な手術法が行われてきました。手術後4年以上が経過すると、その治療成績に差がないといった報告もされています。

近年、CTやMRIといった画像診断の発達に伴い、脱出したヘルニアの自然縮小例が多く報告されています。腰痛などの症状がない人でも、5人に2人は画像上ヘルニアの所見が見られるという事もわかってきました。なぜヘルニアが小さくなるのかというと、生体内異物反応により脱出したヘルニアが炎症を引き起こし、分解・消化されるからと考えられています。急性発症の疼痛が強い例でも、3~4週間で急激に症状の改善が認められる症例に自然縮小例が多く、6ヶ月前後を境に縮小していくと言われています。

では、腰椎椎間板ヘルニアの症状は一体どのように変化していくのでしょうか。

ほねつぎアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル