1. HOME
  2. 記事
  3. 接骨院の事例紹介
  4. CASE2:両足外側アーチの消失と全足趾の浮指による下肢アライメントの崩れ

CASE2:両足外側アーチの消失と全足趾の浮指による下肢アライメントの崩れ

主訴:膝の痛み・外反母趾の痛み

この記事が役に立ったらシェア!

【患者情報】

・40代女性/全体的にふくよかな体型。

・手芸の先生 /バレーボール経験者(学生の時から実施)。現在も地域のママさんバレーに所属。
・20代頃より膝・外反母趾の痛みに悩んでいた。ママさんバレーも、痛みによるプレーの制限や、場合によっては参加できない時もあった。

・他の接骨院に通院していた経験もあったが、症状は軽減されず、施術内容や身体状態の説明などもあまりなかったため、不安・不信感が強くなり通院をやめたとのこと。

【施術選択のポイント】

普段はいている靴は通常のスニーカーであり、来院当初は、外反母趾の痛みより膝痛の症状を強く訴えていた。正座することは可能だったが、膝の曲げ伸ばしを行うことで痛みが出現。

立位での所見で、下肢のアライメントの崩れ(膝と足首の並びが直線上にない)が認められたため、膝ではなく足部に問題点がある可能性を指摘。

足圧の分析を行った際、両足の外側アーチの消失と全足趾の浮指を確認。足趾に関しては、患者自身でスムーズに動かす事ができず、皮膚感覚(感覚が鈍磨な状態。足底の施術において、痛みを
感じるような施術であってもあまり痛みを感じない)の異常も認められた。

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

既に会員登録をお済ませいただいている方は、
ログインページよりログインしてお進みくださいませ。

接骨院開業の流れ

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
事業計画書の書き方
無料DL事業計画書の書き方

接骨院を開業する際に必要な事業計画書は...

記事カテゴリ一覧