1. HOME
  2. 記事
  3. 接骨院の集患講座
  4. インスタ版YouTube「IGTV」の活用事例4選
インスタ版YouTube「IGTV」の活用事例4選
2020.07.15

インスタ版YouTube「IGTV」の活用事例4選

Instagramから派生した動画アプリ「IGTV」。2018年6月にリリースされた当初はまだ認知度が低かったものの、2020年4月頃から大手企業が活用するなど、ニーズの高まりを見せています。新型コロナウィルス感染予防によるステイホーム期間も相まって、動画視聴の需要が高まったことが影響しているのではないかと考えられます。

IGTVとその活用事例

インスタグラムに投稿できる動画は、最長1分以内に限られています。そんな中で「もっと長い動画を投稿・視聴したい」というユーザーのニーズに応え登場したのが、「IGTV(インスタグラム TV)」です。IGTVでは、最大で60分の長尺動画を投稿・視聴することができます。料理やメイクに関するプロセス動画などをYouTubeのような感覚で閲覧できます。

インスタグラムのアカウントを持っていれば、誰でも投稿・視聴ができます。インスタグラムでは、フィード投稿やストーリーへのURL(リンク)掲載が原則できません。ところがIGTVであれば、誰でもURLを貼りつけることができます。つまり、自分のサイトや別のSNSへの誘導が簡単に行えるようになります。

IGTVを自社の戦略に活用している企業が増えています。うまく活用していると感じる事例をいくつかご紹介したいと思います。



>>アトラアカデミー公式Instagramはこちら

クラシル~人気の料理動画を厳選投稿~

クラシルは「きちんとおいしく作れる」をコンセプトに、簡単で美味しい料理の作り方を指南する動画配信サービスです。インスタグラムでも料理動画を掲載していますが、IGTVではその中でも特に人気のある料理動画を厳選して投稿しています。インスタグラムの動画投稿は、目的のシーンまで早送りや早戻しをすることができませんが、IGTVでは一時停止したり前の手順まで戻ったりと、ユーザーが料理をしながら見やすい仕様になっています。

JAL~自分たちに今できることを発信~

IGTVを活用する航空会社が少ない中、JALでは2020年4月より「#今できること」というハッシュタグを用いた投稿を行っています。新型コロナウィルスの影響でキャンセルが相次ぐ今だからこそ、自分たちが実行していることを発信しようとしたのです。手洗いやうがいを推奨する内容や、マスクの着用、手指の消毒を徹底している様子を投稿しています。困難な局面を一丸となって乗り越えようという真摯な姿勢が伝わります。

Dior~ブランドイメージを訴求~

Diorでは、IGTVを宣伝ではなくブランドイメージづくりに役立てています。2~5分の比較的短い動画に、テロップや音声を入れ投稿しています。中にはインスタグラムでライブ配信を行った、30分を超える動画も存在します。IGTVに投稿することで無期限に動画を残せるため、不変的な思いやコンセプトの発信に活用しています。

PUMA~インフルエンサーとコラボレーション~

PUMAでは、IGTVでヨガやワークアウト動画を投稿しています。また、人気モデルやレーシングドライバーといった著名人を招き、インスタグラムでライブ配信を行った際の様子を投稿した動画もあります。インフルエンサーとのコラボレーション動画を配信することで、インフルエンサー側のフォロワーへ広く知らしめることも狙いのようです。


大手企業での活用事例を見ても、IGTVがいかにメジャーな存在となったかお分かりいただけたのではないかと思います。動画視聴のニーズが高まりを見せる中で、YouTubeやTikTokに続き、今後どのように発展していくのか注目したいところです。最近では、インスタグラムやTwitterで情報発信されている接骨院も多く見られます。IGTVを集客のひとつの手段として視野に入れてみてはいかがでしょうか。

Instagramを始めたい!そんな接骨院・鍼灸院の先生へ

第5世代の通信規格「5G」のサービスが2020年春からスタートしています。

これに伴い、動画や高画質静止画といった、大容量コンテンツの配信が主流になることが予想されます。
現在でも、動画でさくっと紹介やプロセスを確認したりと、短時間でいかに上手に情報を取得するかということに重きが置かれているのではないでしょうか。

今ならInstagramアカウント開設マニュアルをプレゼント
アトラアカデミーへログイン後、ダウンロードいただけます。

アトラアカデミーチャンネル
【提供しているチャンネル】

アトラアカデミーチャンネル