記事ARTICLES

物販を行うために知っておきたいキホン
2018.10.29

物販を行うために知っておきたいキホン

患者さまの悩みを楽にしたい。 そのためには施術だけでなく 物品販売(物販)の活用も一つの方法ですね。

口から摂取するもの

こんにちは。
「鍼灸・接骨院 法令」コラム担当の池田です。

本日は物販を行う際に
知っておきたい基本情報を
お話しいたします。

知っておきたい基本情報。
それは「表現方法」です。

物販といっても種類が多岐に渡りますので

大きく2つに分類します。
(1)口から摂取するもの
(2)それ以外

ものすごく大きく分けましたが、
今回は(1)についてお話したいと思います。

【口から摂取する物】
・食料
・飲料
・薬
・サプリメント
・酵素
・栄養ドリンク
・健康食品

このように、私たちが日常的に口から摂取するものは、
法律的には「医薬品(医薬部外品含む)」か「食品」のどちらかに分けられます。

「医薬品(医薬部外品含む)」は、薬機法
(薬機法=医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)
「食品」は、食品衛生法により規制されています。

この分類により
大きく異なってくるのが
効果・効能の表現についてです。

端的にいうと、
医薬品(医薬部外品を含む)以外の「食品」については、
身体の構造や機能に影響する表現をすることは原則認められていません。
たとえ、それが事実であってもダメです。

ほねつぎアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
執筆者
池田 優Ikeda Yu
・海外でのサービス業(飲食店)経験者 ・約50院のグループ接骨院の管理コンサル経験者 ・弁護士と協議しながら接骨院関連の法の知識を吸収 
アトラ株式会社 経営戦略室 主任

大学卒業後、海外(タイ)にて飲食店マネージャーを経験。その後、日本にて鍼灸接骨院の管理運営として現場に携わり、部長を務める。また約50院ほどのグループ院の管理・コンサルを行う。平成25年よりアトラ株式会社にてほねつぎチェーンの支援・経営コンサルティングを経て、現在は経営戦略室:主任として新たなサービスの立ち上げを推進しながら、これまでに培った経験を基に、同社において接骨院における法律関連の整備を行っている。

ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル

柔道整復師の道しるべとなる:ほねつぎアカデミー運営部から、療養費・技術・経営・開業・動向などの情報を動画やLIVE放送を通して配信しています。 チャンネル登録...