柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師向け情報サイト
  1. HOME
  2. 記事
  3. 接骨院の運営知識
  4. 白色申告者の記帳義務化とは

白色申告者の記帳義務化とは

納税者は、1年間の所得金額を正確に計算し申告するため、毎日の収入金額や必要経費に関する取引の状況を記帳し、また、取引の際に作成したり受け取ったりした書類を保存しておく必要があります。青色申告者は、一定の要件を備えた帳簿書類を備え付け、記録・保存するよう定められていますが、2014年より白色申告者に対しても、記帳制度や記録保存制度が設けられています。(公開:2013年12月20日、更新:2022年1月25日)

この記事が役に立ったらシェア!

白色申告とは

白色申告とは、確定申告における申告制度の1種です。申告制度は「白色申告」と「青色申告」に分かれており、白色申告は帳簿付けが簡単な申告方法と言えます。
青色申告をするには「開業届」と「青色申告承認申請書」を税務署に提出しておく必要がありますが、この届出をしていない場合、自動的に白色申告となります。

確定申告でよく聞く「青色申告」とは>>

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

既に会員登録をお済ませいただいている方は、
ログインページよりログインしてお進みくださいませ。

LINE公式アカウント登録

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
事業計画書の書き方
無料DL事業計画書の書き方

接骨院を開業する際に必要な事業計画書は...

記事カテゴリ一覧