1. HOME
  2. 記事
  3. 柔整師・鍼灸師の施術メソッド
  4. 姿勢反射

姿勢反射

「姿勢反射」とは、姿勢を維持しようとする無意識のコントロール機能のことです。バランスが崩れたときなどに自動的に姿勢を調節したり、安定させようとしたりする不随意の反射機能のことをいいます。(公開:2010年8月2日、修正:2020年12月11日)

この記事が役に立ったらシェア!

姿勢反射とは

姿勢反射とは、身体中に存在するセンサーとしての感覚器に加えられた刺激に対応して、反射的に筋が緊張及び収縮することで、身体の位置や姿勢、平衡を維持するものです。

私たちは日常生活の中で、ベッドから起き上がったり椅子に座ったり、階段を上り下りしたりなど、様々な動作を行っています。人間には、反射的に筋肉が緊張したり収縮したりすることで、体の位置や姿勢を安定的に保とうとする「姿勢反射」という機能が備わっています。この姿勢反射を理解することは、施術にとても役立ちます。姿勢反射を施術に組み込むことで、正しい動きを導きやすくなったり、負荷を上げたりすることができるからです。

姿勢反射には様々な反射があり、代表的なものとして、前庭に関わる「前庭脊髄反射」や「前庭頸反射」、「前庭動眼反射」などがあります。

・前庭脊髄反射
頭部の位置や加速度の変化に対して、頸部や体幹の筋緊張を制御して、安定した姿勢を維持するのに働く反射のことです。バランスが崩れて転倒しそうになった時、何とか平衡を保って体を立て直したという経験はないでしょうか。これは前庭脊髄反射によるものです。転倒しそうになったことで、頭頚部の位置が一瞬で変化し、三半規管や耳石器に強い刺激が加わります。耳石器からの情報は、外側前庭脊髄路で前庭神経核の外側核を中継して脊髄を下行し、同側の四肢や体幹の伸展筋群を緊張させます。この反射により、転倒しないよう自然と踏ん張るというわけです。

・前庭動眼反射
前庭動眼反射とは、頭部が動いた時に視線を一定に保つ反射のことです。例えば首を右に回転すると、首と一緒に顔は右を向くため、眼球も同じように右に動くはずですが、それだと視線もズレてしまいます。首を右に回転した時に働く、右の外側半規管からの情報が前庭神経核を経由し、外転神経核と動眼神経核へ指令を送ります。そして、眼の動きをコントロールする外眼筋に働きかけ、眼球を動かすことで視線を保つようにできているのです。

こうした様々な反射が働くことで、私たちは姿勢を一定に保つことができるのです。

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

既に会員登録をお済ませいただいている方は、
ログインページよりログインしてお進みくださいませ。

接骨院開業の流れ

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

開催中のセミナー

自費導入の落とし穴
無料DL自費導入の落とし穴

自費導入をしている接骨院が増えてきてい...

記事カテゴリ一覧