ドリーム・プレ・セミナー ドリーム・プレ・セミナー

記事ARTICLES

「医業類似行為」法的な資格はいる?いらない?
2018.04.16

「医業類似行為」法的な資格はいる?いらない?

皆さまは 「医業類似行為」というものが何を表し、 どのような種類があるのかをご存じでしょうか? 本来、医師の独占業務である医業に類似する行為を、 業として反復して行うことを医業類似行為といいます。

「医業類似行為」法的な資格はいる?いらない?

こんにちは。
「鍼灸・接骨院 法令」コラム担当の池田です。

皆さまは
「医業類似行為」というものが何を表し、
どのような種類があるのかをご存じでしょうか?

本来、医師の独占業務である医業に類似する行為を、
業として反復して行うことを医業類似行為といいます。

この医業類似行為には、
「法的な資格制度があるもの」と
「法的な資格制度がないもの」の2種類に分けられます。

一つ目の
「法的な資格制度があるもの」は、
まさに皆さまに関連する柔道整復師法や
あん摩マッサージ師、はり師、きゅう師等に関する法律(以下、あはき法)で定められたものを指します。

あはき法
第1条及び第12条では
あん摩マッサージ、はり、きゅう、および柔道整復以外の
医業類似行為を業としてはならないと規定されています。
<参照>
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=322AC0000000217_20160401&openerCode=1

平成3年の厚生労働省通知では
柔道整復は、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうと並んで
医業類似行為の一つとされています。
<参照>
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/hourei/061115-1a.html

このように
柔整師・鍼灸師が行う施術は
法律で認められた医業類似行為になります。

では
二つ目の
「法的な制度のないもの」に関してはどうでしょうか。

ほねつぎアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
執筆者
池田 優Ikeda Yu
・海外でのサービス業(飲食店)経験者 ・約50院のグループ接骨院の管理コンサル経験者 ・弁護士と協議しながら接骨院関連の法の知識を吸収 
アトラ株式会社 経営戦略室 主任

大学卒業後、海外(タイ)にて飲食店マネージャーを経験。その後、日本にて鍼灸接骨院の管理運営として現場に携わり、部長を務める。また約50院ほどのグループ院の管理・コンサルを行う。平成25年よりアトラ株式会社にてほねつぎチェーンの支援・経営コンサルティングを経て、現在は経営戦略室:主任として新たなサービスの立ち上げを推進しながら、これまでに培った経験を基に、同社において接骨院における法律関連の整備を行っている。

ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル