柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師向け情報サイト
  1. HOME
  2. 記事
  3. 接骨院の運営知識
  4. 【無料DL】接骨院運営におけるKPI

【無料DL】接骨院運営におけるKPI

普段から、売上や患者の来院数を確認している方は多いと思いますが、「とりあえず数字を追っているけど、何に活かせば良いのか分からない」「どの数字を追うべきなのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。目標を達成するためには、まず目標達成までのルート・プロセスを分析します。そして、中間目標(KPI)設定し、目標到達までに何をどれだけやれば良いのかを定量的に把握することが重要です。

この記事が役に立ったらシェア!

KPIとは?

KPI(Key Performance Indicator)は、日本語訳で「重要業績評価指標」と言います。目標達成のための中間的な目標のことを指します。KPIを設定することで、達成状況を定点観測でき、目標達成までに必要な過程や工程は何か、今はどの段階にいるのかを正確に把握できるようになります。

KGI(Key Goal Indicator)は、「重要目標達成指標」と訳されます。最終目標(ゴール)のことを指し、KPIはKGIを達成するために設定する指標となります。まずKGIを決定し、そのKGIを達成するために必要な要素は何かを分析し、KPI(中間目標)を決定します。

KPIを設定するメリット

院全体/個人の目標が明確になる
指標や評価基準が明確されるので、スタッフは何をすべきか、挙げるべき成果の目安を理解することができます。

改善点の早期発見が可能
KPIを設定しておくことで、どの時点で、どんな問題があったのかを簡単に見つけることができます。

正当な評価を行える
KPIは客観的な数値目標なので、目標達成の達成率、従業員の貢献度合いを明確に判断することができます。

KPIの具体例

患者数
院で管理している患者数(レセプト枚数)のことです。患者数をKPIとして計測する場合は、自費・保険・自賠責で分けて計測を行いましょう。

新患数
初めて来院した患者数のことです。来院に至った経路(チラシ・ホームページ・広告など)別に分けて計測することをお勧めします。

再患数
前月より継続して通院されている患者数(リピーター数)のことです。一度来院が途絶え、再び通院を開始された患者は、「再新患数」として分けて計測を行いましょう。

売上
〈来院数×単価×頻度〉、または〈平均来院数×平均単価〉で計算できます。
ある接骨院で患者1人当たりの単価が2,000円で、1日の来院数が30人、来院頻度が1ヶ月で3回だとすると、「30×2,000×3=180,000」の計算になり、1ヶ月の売上は180,000円となります。

患者単価
患者1人が1回の施術で支払う平均金額を指します。単価は提供するサービスによって変わるため、保険・自費・物販などで分けて計算を行います。

無料お役立ち資料「接骨院のKPI設計」ダウンロードはこちら


ダウンロードはこちらをクリック

※スマートフォンなどでは正しく表示されないことがあります。
PCでログインのうえダウンロードされることを推奨します。

LINE公式アカウント登録

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
接骨院のKPI設計
無料DL接骨院のKPI設計

普段から、売上や患者の来院数を確認して...

関連記事