1. HOME
  2. 記事
  3. 人事労務ルール作り
  4. 接骨院の勤務時間と残業

接骨院の勤務時間と残業

技術を学ぶために、施術者が勤務時間に関係なく住み込みで働いたのも今は昔の話です。近年、接骨院を安定して経営するためにも、施術者の「勤務時間」と「残業」を問題なく管理することが、経営者に求められています。接骨院の勤務時間と残業、守らなければいけない法律を解説します。

この記事が役に立ったらシェア!

接骨院の勤務時間

接骨院の勤務時間は、数時間の昼休みをはさんで「午前と午後」に分かれるのが一般的です。接骨院によって異なりますが、具体的には、午前9時~12時、午後15時~20時が挙げられます。ただ、下記のような接骨院もあるのではないでしょうか。

・朝は掃除と開院準備。開院1時間前には出勤させている。
・時間通りに閉めても、後片付けがあるので、終了時間=退勤時間ではない。
・売上確保のため、閉院時間ぎりぎりに患者さまを受け入れる。(退勤が遅くなる)
・スタッフが気を遣って先輩より先に帰らない。(上下関係に厳しい先輩がいると特に)
・月末月初のレセプト作業は徹夜になることもある。(電子化が良いらしいが面倒くさい)
・月1回、深夜まで続く経営会議が開催される(離患率を下げ、新患数を増やすにはどうしたら良いかを話し合う)
・スタッフが辞めてしまうと、空いたシフトは院長が埋めるしかない。

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

既に会員登録をお済ませいただいている方は、
ログインページよりログインしてお進みくださいませ。

接骨院開業の流れ

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
事業計画書の書き方
無料DL事業計画書の書き方

接骨院を開業する際に必要な事業計画書は...

記事カテゴリ一覧