ドリーム・プレ・セミナー 1ヶ月で即実践できる、成果につながるノウハウ大放出。ドリームセミナー開講

記事ARTICLES

股関節へのアプローチ
2015.09.26

股関節へのアプローチ

股関節に変位があると、膝や肩に比べてかなりの痛みが発生するため、歩けなくなることもあります。特に女性の方にこの変位は多く、接骨院・鍼灸院に来院する患者様の中にも多く存在するのではないでしょうか。股関節の痛みに対する施術・アプローチは、実は意外と簡単に行え、痛みの軽減にもつなげることができます。

股関節は、二足歩行をする上で最も重要

股関節は、上半身と下半身をつなぐ大切な関節です。受け皿である骨盤側のくぼみ(寛骨臼)に、大腿骨の先端部(大腿骨頭)がはまり込むような形の、至ってシンプルな構造ですが、体重による負荷がかなりかかる部分だと言えます。そのため、少しでもバランスが崩れてしまうと、痛みが発生してしまうのです。

股関節の調整で間違いを犯しやすいのが、殿筋等のストレッチや施術・アプローチで無理に動かそうとしてしまうことです。

股関節の調整時には、股関節の可動性を保ちながら身体の荷重に対し、安定性を保ってくれる筋肉をうまく働かせることがポイントです。そうしないと、股関節の痛み・変位だけでなく、それに連なって腰や膝などにも様々な問題を引き起こすことになります。

安定性を保つ筋肉がしっかりと働き、股関節がうまく機能してこそ、人間は二足歩行ができます。無理に引き伸ばしたりするのではなく、軸圧を加える調整を試みるとよいでしょう。

ほねつぎアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル