記事ARTICLES

体の遊び
2010.08.02

体の遊び

腰椎前彎角(lumber loadosis angle:LLA)はWiltse angleとよばれ第1と第2腰椎椎体上縁のなす角であり、正常値は26±5°である。腰仙角(lumber sacral angle:LSA)はFerguson angl・・・

タイミングの差


腰椎前彎角(lumber loadosis angle:LLA)はWiltse angleとよばれ第1と第2腰椎椎体上縁のなす角であり、正常値は26±5°である。
腰仙角(lumber sacral angle:LSA)はFerguson angleともよばれ第一仙椎上縁と水平線のなす角であり、正常値は42.1±7.7である
腰椎骨盤リズムにおける報告は立位体幹屈曲において股関節屈曲と腰椎屈曲はほぼ同じリズムで働くとするものや背臥位での両股関節屈曲における腰椎後彎角度は立位からの体幹屈曲と比較しより優位に下位腰椎の運動性があるものとするものがある。


全脊椎屈曲の主な部分は第5腰椎仙椎間で75%起こり20~25%の屈曲は第4腰椎第5腰椎間、残りの5~10%は第1腰椎から第4腰椎の各椎間で生じるとされている
胸椎は静的立位肢位のすべての動きで彎曲を変化させないことから、第5腰椎仙椎間、第4腰椎第5腰椎間で実に体幹屈曲の80%~90%を占めるものなり下位腰椎の可動性が非常に重要なものとなってくる。
このように上部腰椎の可動性はほとんどないわけであるがこの5%から25%程度の微妙な可動性が重要でこれがないために、他の関節に非常に負担になっていることが多いように思われる。
最近話題になっているブレーキの微妙な遊びであったりタイミングに差が重大な事故につながっていくのである。

(H22.5月)

ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル

柔道整復師の道しるべとなる:ほねつぎアカデミー運営部から、療養費・技術・経営・開...[つづきをみる]