記事ARTICLES

仙腸関節へのアプローチ
2017.09.06

仙腸関節へのアプローチ

骨盤の骨である仙骨と腸骨の間に仙腸関節と呼ばれる関節があります。この関節は主に、背骨から伝わってきた重力の重みを足へと伝達する「荷重の伝達」と、背骨や股関節の運動を助ける「運動補助」の役割を果たしています。

仙腸関節へのアプローチ

骨盤の骨である仙骨と腸骨の間に仙腸関節と呼ばれる関節があります。この関節は主に、背骨から伝わってきた重力の重みを足へと伝達する「荷重の伝達」と、背骨や股関節の運動を助ける「運動補助」の役割を果たしています。
仙腸関節は、1905年にGoldthwaitらが仙腸関節障害の報告を発表したことにより、腰痛および下肢痛の原因疾患として注目されました。しかし、1934年にMixterらが腰椎椎間板ヘルニアの概念を報告してからは、脊椎や脊髄、椎間板病変が注目されるようになり、仙腸関節障害はあまり言及されなくなりました。

このように、仙腸関節が忘れ去られることとなった要因の一つとして、その動きが画像上で捉えられにくいということが挙げられます。例えば、化膿性仙腸関節炎の診断にはMRI検査が有用ですが、仙腸関節の機能障害を示す特異的な障害は捉え難いと言われています。また、CT検査の場合ですと、骨や関節裂隙の変化を知るには有効ですが、これらの変化と仙腸関節との相関関係はないと言われ、やはり仙腸関節障害の発見は困難と考えられています。こうした画像診断では異常を認められないということから、原因不明の腰痛に悩み続けている人々が多く存在しています。これは技術発展が生んだ悲劇とも言えるかもしれません。画像診断はあくまでも補助手段であり、その所見が腰痛の本当の原因であるか否かを見極めるには、様々な検査を駆使する必要があるでしょう。特に徒手検査は、仙腸関節障害の検査として有効です。ワンフィンガーテスト、パトリックテストなどがそれにあたります。

ほねつぎアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
執筆者
石垣 雅則Ishigaki Masanori
・過去50院以上の接骨院を運営およびコンサルティング経験あり ・多くの院長、接骨院チェーンのSVへの研修を行ってきた実績を持つ ・圧倒的な身体に関する知識を有する 柔道整復師
よりよい施術を探し続ける探究者

現在も現場で多くの患者に触れており、改善を繰り返しながら新しい施術法を開発する。 柔道整復術だけではなく鍼灸、整体、カイロ、機材、テーピング、指圧、トムソン、腰痛など種類問わず身体に関する理論・技術を貪欲に追い求め、自身の技術に組み合わせ続けてきた。 院長業務を兼任しながら、HONEY-STYLEの自費メニュー開発、ほねつぎブランドの技術研修総合指導を務める。 現在はアトラ株式会社において、全ての技術指導、技術開発を務め、ほねつぎブランドにおいての指導強化にあたっている。 ほねつぎチェーン スーパーバイザー。

ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル