記事ARTICLES

伝統医療の可能性
2016.03.17

伝統医療の可能性

日々、技術や文化が進化を続けている現代において、医療機器を用いることのない鍼灸施術を始めとする日本の伝統医療が世界で注目を浴びつつあります。

世界に拡がる鍼灸

日々、技術や文化が進化を続けている現代において、医療機器を用いることのない鍼灸施術を始めとする日本の伝統医療が世界で注目を浴びつつあります。
20世紀の後半から、人口問題や食料問題、環境問題、エネルギー問題といった地球規模での諸問題が起こり、それらを解決するために機械論的世界観(要素分割・還元の考え方)から生命論的世界観(包括的な考え方)へとパラダイムシフトが叫ばれるようになりました。この考え方は医療界にも影響を及ぼし、西洋医学だけではない包括的な医療へとシフトする流れが起きました。例えば、疾病構造の変化や医療費の増大、患者中心の医療など、現代西洋医学だけでは解決が困難な問題が起きていたからです。これらを解決するために包括的な医療の第1段階として見直されているのが補完代替医療です。特に伝統医療、中でも鍼灸医療については生活習慣病や慢性疾患を緩和する目的の施術だけでなく、これらを予防する目的の施術も担うことから、今後懸念されている膨大な医療費を軽減する等の経済効果も期待できると言われています。

ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル

柔道整復師の道しるべとなる:ほねつぎアカデミー運営部から、療養費・技術・経営・開...[つづきをみる]