柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師向け情報サイト
  1. HOME
  2. 記事
  3. 柔整師・鍼灸師の施術メソッド
  4. 施術効果を最大限に高めるには

施術効果を最大限に高めるには

 接骨院(整骨院)・鍼灸院を訪れる患者さまが訴える症状として、最も多い症状は何でしょうか。  厚生労働省が公開している国民生活基礎調査の概要によると、有訴者率(人口1,000人あたりの、病気やけがで自覚症状のある人の比率)が最も高い症状は腰痛であることが明らかになっています。さらに業務上疾病発生状・・・

この記事が役に立ったらシェア!

悩み「腰痛」

接骨院(整骨院)・鍼灸院を訪れる患者さまが訴える症状として、最も多い症状は何でしょうか。
厚生労働省が公開している国民生活基礎調査の概要によると、有訴者率(人口1,000人あたりの、病気やけがで自覚症状のある人の比率)が最も高い症状は腰痛であることが明らかになっています。さらに業務上疾病発生状況等調査では、業務上の負傷に起因する疾病の85%近くが、災害性腰痛(休業4日以上の業務上疾病の中で、腰痛の発生に繋がった業務上のエピソードがはっきりしているもの)によるものでした。

人は、なぜここまで腰痛に悩まされるのでしょうか。

原因を特定できるか

腰痛は原因を特定できるか否かで2種類に分類することができます。まず、医師の診察および画像の検査(X線やMRI)で腰痛の原因が特定できるものを、特異的腰痛と呼びます(例:椎間板ヘルニア)。一方で、正確な原因が特定できないものを非特異的腰痛と呼びます(例:ぎっくり腰)。腰痛の約85%は後者の非特異的腰痛に分類されると言われ、一般的に腰痛症と言えば非特異的腰痛のことを指します。
こうした腰痛の施術法としては、低周波、EMSといった電気治療法、手技による骨盤矯正等、さまざまな方法が考えられます。皆さんも検査と問診(カウンセリング)のデータから適切な施術を提供しているでしょう。ところでそんな中、なかなか症状の緩和が見られない患者さまもいらっしゃるのではないでしょうか。そういった方は腰の筋肉や骨、椎間板等の異常ではない場所に原因がある可能性が考えられます。

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

既に会員登録をお済ませいただいている方は、
ログインページよりログインしてお進みくださいませ。

接骨院開業の流れ

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
物件選び9つの鉄則ポイント
無料DL物件選び9つの鉄則ポイント

接骨院の経営が成功するかどうかは、提供...

記事カテゴリ一覧