2019年12月3日 ほねつぎアカデミーはアトラアカデミーへ名称変更しました。

記事ARTICLES

骨盤矯正より大切なこと
2012.12.20

骨盤矯正より大切なこと

多くの接骨院で骨盤へのアプローチが取り入れらています。しかし、慎重に見定めなければ症状を余計に悪化させることになりかねません。痛みを取り除くだけではない、柔道整復師としての真のミッションとは何なのでしょうか。

骨盤傾斜と姿勢の密接な関係

骨盤へのアプローチを語る上で、まずは骨盤の傾きについてお話したいと思います。

骨盤の傾きに関して特に気を付けなければならないのは、立位時と上向きに寝た時のバランス、つまり荷重時と非荷重時の差です。日常で座位姿勢を多く取られる方は、その時の骨盤の倒れ方が一番のポイントとなります。

レントゲンで確認できない場合どう見るのが最適かと言うと、荷重時においてASIS(上前腸骨棘)とPSIS(後上腸骨棘)の差が2~3横指であれば正常、3横指以上で前彎傾向、2横指以下で後彎傾向と言われています。また、座位においてもそのバランスが変わらないようにするのが最適と言えます。この荷重時(立位)の骨盤傾斜は股関節や腰椎などの姿勢と密接な関係があります。

骨盤の臼蓋は半球状をしており、前面は浅く、後面は深い構造をしているため、骨盤が前傾で接合面は大きくなり骨盤後傾で接合面は小さくなります。

アトラアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
アトラアカデミーチャンネル
【提供しているチャンネル】
アトラアカデミーチャンネル