1. HOME
  2. 記事
  3. 姿勢が生み出す新たな戦略
姿勢が生み出す新たな戦略
2014.09.24

姿勢が生み出す新たな戦略

接骨院業界が自費化に取り組み始めて久しく経ちます。いまだ療養費施術のみという院は極少数でしょう。その中で、最近は物販に取り組む院も増加し始めています。

自費化と物販

接骨院業界が自費化に取り組み始めて久しく経ちます。いまだ療養費施術のみという院は極少数でしょう。その中で、最近は物販に取り組む院も増加し始めています。院に来られていない間も患者様のサポートとなるということと、新たな財源の確保につながるためという理由が大きいと思います。今号では、接骨院・整骨院・鍼灸院における物販について考えていきたいと思います。


■あたりまえとなりつつある自費化
現在、自費に全く興味のないという先生は極少数ではないでしょうか。おそらくその理由の多くは、療養費の改定が段階的に行われ、これまでの接骨院業界のカタチが新しく、そしてあるべき姿へと変化してきているからでしょう。最低限の施術提供だけではなく、患者様に提供できるプラスの技術として、自費化が進められてきました。

そして、既に多くの院が取り組み始めていることで患者様の選択の幅も広がってきています。そこで、選んでいただく、信頼できる院として患者様に訴求するため、更なる提供として「物販」を始めている院も増加しています。


■接骨院業界における物販
物販?いわゆる商品の販売ですが、接骨院・整骨院・鍼灸院で取り扱われている代表的なものは、サポーターや補正ベルト、健康食品やサプリメントではないでしょうか。できれば毎日、一人ひとりの患者様に対して身体のサポートをしたいところですが、患者様にとっても院にとってもそれは現実的に無理があります。サポーターやサプリメントは、院に来られていない間も患者様の身体を施術とは別の形でサポートしてくれるアイテムです。もちろん一切無償で行うことは経営上難しいですが、そうではありませんし、先生方自身がその施術の知識を以って良いと感じる商品を取り扱うことが多いと思います。こういった点が量販店とは異なる点かもしれません。


■量販店を参考にしてみよう
さて、かといって薬ではないのですから、できれば患者様自身が見て「欲しい!」と感じる商品を取り扱いたいという思いも強いと思います。物販の一つのメリットとして、施術時のように人間の手をずっとふさがないという点があります。患者様自身がその商品価値を認めてくれるほど、楽な商品と言えるでしょう。

みなさんも日ごろ服、食品、雑貨などお店を巡られると思いますが、ぱっと見て良いなと思った商品を手に取るのではないでしょうか。また、テレビや街頭広告など目に入りやすい商品などは、「良いもの」という意識が高まりますよね。

また、百貨店では、棚配置が結構変わっていて、数日置いて行ってみると目新しさを感じます。店員の方は常にディスプレイに気を配っておられますよね。商品にとって、ディスプレイや商品自体の見た目も大事なのではないでしょうか。

こうして改めて見ると、全く違った業種でも参考にするべき点が多数あると感じます。