1. HOME
  2. 記事
  3. 矢野式アセスメント×トムソンテーブルのシナジー効果
矢野式アセスメント×トムソンテーブルのシナジー効果
2016.06.21

矢野式アセスメント×トムソンテーブルのシナジー効果

「ヘルスアセスメント(health assessment)」をご存知でしょうか。ヘルスアセスメントとは、医師のほか、理学療法士、作業療法士、栄養士、看護者など保険医療に携わる専門職の方が行う、患者さまの健康状態の総合的な評価・査定のことです。いわゆる“カウンセリング(問診)“と呼ばれているものですが・・・

ヘルスアセスメント(health assessment)

「ヘルスアセスメント(health assessment)」をご存知でしょうか。ヘルスアセスメントとは、医師のほか、理学療法士、作業療法士、栄養士、看護者など保険医療に携わる専門職の方が行う、患者さまの健康状態の総合的な評価・査定のことです。いわゆる“カウンセリング(問診)“と呼ばれているものですが、現在鍼灸接骨院で行われているものとは残念ながら大きな差があります。

看護・医療現場においてヘルスアセスメントの考え方は広く定着しており、患者さまがいついかなる時でも質の高い看護・医療を受けられるよう、体系化されて学校のカリキュラムにも組み込まれています。日々、患者さまの身体に触れ施術を行う鍼灸接骨院業界においても、ヘルスアセスメントの「患者さまの日常生活行動レベルを把握、今後の成り行きを推定し、適切な日常生活援助を行う」という考え方が必要ではないでしょうか。

今回取材をお願いした矢野潤先生は、このヘルスアセスメントの必要性にいち早く気づき、取り組んでいます。患者さまが抱える本質的な身体の悩みや、患者さま自身が気づいていないニーズを引き出す聞き取り方とその答え方、姿勢分析などを矢野先生は細かく体系化されました。一回のカウンセリング(問診)に重きを置き、誰でも用いることができるように体系化させるそのスタイルは、鍼灸接骨院業界のカウンセリング(問診)の在り方に一石を投じるような革新的なものに感じます。

矢野先生が院長を務めていた院の患者層は30代~50代女性を中心とする、自費比率の高い鍼灸接骨院でした。自費メニューは特に、患者さまがその必要性を納得していないと受けてはくれません。そして納得してもらうには患者さまの悩みのニーズに的確に応え、結果を出さなければなりません。そんな自費比率の高さを持つ院の大きな特徴は、カウンセリング(問診)のスタイルだけではなく、トムソンテーブルを用いた施術を取り入れているところです。トムソンテーブルはアメリカのクレイ・トムソン(J Clay Thompson)によって考案・製作された、カイロプラクティックで用いられるドロップテーブルの一種で、ここ10年の間に導入する院が増えてきています。

矢野先生はカウンセリング(問診)テクニックとトムソンテーブルを活用し、理想的な自費型接骨院を作り上げました。この二つが現場でどのように活用されているのか、たくさんの先生が見学に来ていたそうです。見学に来る先生は、自費施術型の院に体質改善したい先生や、院のコンセプト自体を変更したいという先生、開業予定の先生などが多く、「今までカウンセリング(問診)としてやってきたこととまるで違う」という驚きの声が上がっています。そして、矢野先生のカウンセリング(問診)テクニックとトムソンベッドのテクニックを融合し昇華させた「トムソンテクニックセミナー」の受講生は、自費施術売上げが向上しているという結果が出ています。

矢野先生には独自のカウンセリング(問診)テクニックと鍼灸接骨院におけるカウンセリング(問診)の在り方についてや、トムソンテーブル活用の方法なども含めてお話を伺いました。