記事ARTICLES

物件は慎重に選定すべし
2010.10.21

物件は慎重に選定すべし

接骨院・鍼灸院を開業するにあたり、物件選定についてどのように考えていますか?院のコンセプトに合致していますか?物件選定のポイントについてご説明します。

地域の商圏をしっかりと把握する

接骨院・鍼灸院の開業には事前の立地調査や市場調査をしっかりと行い、継続して運営できる見込みがある物件を選定することが重要です。コンセプトに合わせた立地条件や人口分布データを元に物件を選びましょう。ここで出てくるキーワードが「商圏」です。商圏とは、あなたの接骨院・鍼灸院に患者さまが来院できる居住範囲を指します。接骨院・鍼灸院の商圏はだいたい半径1km圏と言われています。

大手百貨店「伊勢丹」は、新宿店の他にいくつか郊外店がありますが、相模原店・吉祥寺店以外の「立川店」「府中店」「浦和店」「松戸店」は、いずれも新宿からおよそ20kmの同心円距離上に存在しているそうです。つまり「伊勢丹」は、大体沿線半径10kmを商圏としていると考えられます。総務省の国税調査データで地域の人口などを見ることができます。もっと簡単に見るには、GoogleMapなどを活用することもおすすめです。

ほねつぎアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル