2019年12月3日 ほねつぎアカデミーはアトラアカデミーへ名称変更しました。

記事ARTICLES

[コロナウィルス対策]接骨院で院内掲示できる資料まとめ
2020.03.05

[コロナウィルス対策]接骨院で院内掲示できる資料まとめ

新型コロナウィルスの影響を受け、各接骨院・整骨院でも多くの対策を取られていると思います。 印刷して掲示できる院内掲示物「注意喚起」「手の洗い方」「うがいの仕方」について、掲載している団体・企業のダウンロードリンクを集めました。掲示は各院の責任で行っていただくようお願いいたします。 皆さまのご健康と新型コロナウィルスの終息をお祈りいたします。

感染を拡大させないための対策を

新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかについては、現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。

〇飛沫感染
感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。
※主な感染場所:劇場、満員電車などの人が多く集まる場所

〇接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスが付きます。別の人がその物を触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。
※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

〇潜伏期間
世界保健機関(WHO)のQ&Aによれば、現時点の潜伏期間は1〜12.5日(多くは5〜6日)とされており、また、他のコロナウイルスの情報などから、感染者は14日間の健康状態の観察が推奨されています。

〇感染症対策
手洗いやマスクの着用を含む咳エチケットなど通常の感染対策が重要です。

〇手洗い・手指消毒
こまめに石けんと流水の手洗いまたはアルコール手指消毒剤を用いた手指消毒を行い、手を清潔に保ちます。石けんと流水の日常的な手洗いだけでは落としきれずに残ったウイルスや細菌を除去するために、さらにアルコール手指消毒を行うことも有効です。しっかり手洗い・消毒し、感染をストップさせましょう。

〇マスクの効果
マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクをつけましょう。予防用にマスクを着用することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる効果はあまり認められていません。


接骨院・整骨院の院内掲示物ダウンロード資料のご紹介
・熱がある方への注意喚起資料
・厚生労働省発表資料
・手洗い方法に関する各種資料
・うがいの方法に関する各種資料
(SARAYA・株式会社ニイタカ・ユニセフ・第一三共株式会社)

※新型コロナウイルス(COVID-19)に関する最新情報は、厚生労働省サイトをご確認ください。



ダウンロードは、ログイン(無料会員登録)が必要です。

アトラアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
アトラアカデミーチャンネル
【提供しているチャンネル】
アトラアカデミーチャンネル