記事ARTICLES

スタッフを支援するという思考
2017.11.20

スタッフを支援するという思考

スタッフを支援したことはありますか? 仕事の覚えが悪い 仕事が遅い 同じミスを繰り返す スタッフのだめなところばかりが見えてきた時。 スタッフを教育するのではなく、スタッフを支援することが必要かもしれません。

スタッフを支援するという思考

スタッフを支援したことは

ありますか?


仕事の覚えが悪い
仕事が遅い
同じミスを繰り返す


スタッフのだめなところばかりが
見えてきた時。

スタッフを教育するのではなく
スタッフを支援することが
必要かもしれません。


これまでスタッフ「教育」ということで
教える
育てる
について話してまいりました。


支援するということは
教育とは異なりますね。

教育は
教え育てること。
知識、技術などを教え授けること。

支援は
人を支えたすけること。
力を添えて助けること。


時には経営者からの支援が必要な時も
出てきます。

そんな時の「支援の手法」を
ご紹介します。


(1)聞く
どういうことをしたいのか?
どういうことに困っているのか?
まずはとにかく聞いてみます。

(2)相談に乗り一緒に考える
解決方法をいきなり伝えても
その通りに行動する人は
なかなかいないのではないでしょうか。
一緒に解決策を探ります。

(3)述べる
相手に伝わるように、順を追って
わかりやすく、丁寧に話します。

(4)助言、提案する
第一歩を踏み出すためのアドバイスを
しましょう。
失敗事例を含めるとより伝わりやすいです。

(5)教える(指導する)
知識や手法を与えます。

(6)語る
ご自身の経験を話します。

(7)励ます
全てのことがうまくいくわけではありません。
考え込まないように、
また次の一歩を踏み出すための励ましです。

(8)褒める
少し大げさと感じるくらい、褒めます。
恥ずかしさはご法度です。

(9)感謝する、感動する
あなたはここまで成長している!
相手の価値を表現します。

(10)委任する
頼りにしていることを伝えます。

(11)促す
自立を促します。

(12)導く、体験させる
まずはやらせる。
経験が第一です。

(13)出番をつくる
いよいよ力を発揮する場になります。

(14)提供する
あとは相手が成長できる材料を
とにかく与えます。

(15)傍にいる
いつでも支援できる体制は
つくっておきましょう。

(16)怒る、叱る
ここまでやって怒るタイミングです。
誰に怒られるかで人生は決まります。

ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル

柔道整復師の道しるべとなる:ほねつぎアカデミー運営部から、療養費・技術・経営・開...[つづきをみる]