1. HOME
  2. 記事
  3. 患者の理想に近づける"矢野式アセスメント"
患者の理想に近づける"矢野式アセスメント"
2017.09.14

患者の理想に近づける"矢野式アセスメント"

ほねつぎアカデミーでは、施術者のためのセミナーやイベントを毎週開催しています。中でも技術セミナーでは、全国から突出した技を持つ講師を発掘し、ご紹介しています。そんな先生方が長年研究してきた技術を自費メニュー化し、ハイレベルな技術習得のために開催しているのが「限定コース」。数日間、徹底的に技術を学び、自信を持って患者さまに施術できるようになっていただくための特別なコースです。 第2弾となる今回は、この限定コースの中から「トムソンテクニックセミナー」をご紹介します。

体系化された"矢野式アセスメント"

今や自費メニューは多くの接骨院で導入されており、院の経営を支える一つの柱となっていると言っても過言ではありません。患者さまに自費メニューを受けてもらうには、身体が今どういう状態でなぜその施術が必要なのか、受けるとどうなるのかということをお伝えしなければならないでしょう。そのためには患者さまのニーズを引き出すカウンセリングが非常に重要になってきます。しかし、カウンセリングは施術者が変われば聞く内容も代わり、院の中でカウンセリング内容の質に差が出てしまうことがあります。

そのカウンセリングで誰もが結果を出しやすくするため、医療現場ではすでに使われているヘルスアセスメント(※)を接骨院向けに体系化されたのが"矢野式アセスメント"です。この矢野式アセスメントを取り入れたカウンセリングテクニックと、すでに体系化されているトムソンテクニックを融合させることで、カウンセリングから施術まで一定の再現性を保つことができます。これらのテクニックを習得するためこれまでに多くの施術者が受講を申し込み、今年はすでに100名近くの方が受講されています。


※ヘルスアセスメント
保険医療に携わる専門職者の方が行う、患者さまの健康状態の総合的な評価・査定のこと