1. HOME
  2. 記事
  3. 接骨院(整骨院)・鍼灸院マーケティング最前線
接骨院(整骨院)・鍼灸院マーケティング最前線
2011.06.30

接骨院(整骨院)・鍼灸院マーケティング最前線

接骨院(整骨院)・鍼灸院の生き残りをかけたし烈な競争がますます激化する中、新規患者創出、リピーターの確保には、マーケティングの考え方が必要となります。今回は、改めて接骨院(整骨院)・鍼灸院マーケット市場を見つめてから、「患者を知り、ターゲットを決める」というマーケティングの基本についてお話します。

接骨院(整骨院)・鍼灸院マーケットはパイの取り合い。1院あたりの収入はますます減少方向に!

今やコンビニエンスストアに並ぶともいわれる接骨院(整骨院)・鍼灸院の数。生き残りをかけたし烈な競争が各地で繰り広げられ、今後その勢いはますます強まりそうです。そんな中、新規患者を創出し、リピーターを確保するためには、マーケティングの考え方が必要です。今回は、改めて接骨院(整骨院)・鍼灸院マーケット市場を見つめてから、「顧客を知り、ターゲットを決める」というマーケティングの基本についてお話します。

いよいよ夏本番ですが、その暑さにも負けないくらい、鍼灸柔整業界の競争が過熱化しているのは前回「接骨院(整骨院)・鍼灸院と介護事業」でもお伝えした通りです。
柔道整復師の数は年々増加し、2008年には4万3,946人となりました。あん摩・マッサージ指圧師は10万1,913人、はり師は8万6,208人、きゅう師は8万4,629人です。今後もその数は年々増え続け、柔道整復師に至っては毎年約5,000人の増加が予測されています。

一方で、接骨院(整骨院)・鍼灸院の数も増加の一途をたどっています。グラフからもわかるように、5万院を超える日が来るのもそう遠くないでしょう。
また、柔整・マッサージ・鍼灸の療養費は、全医療費の約1%を占めているのですが、ここで問題なのが、どんなに施設数が増えても「1%は1%のまま」ということです。これが意味することは、施設数が増えれば増えるほど、1院あたりの収入が少なくなっていく、ということなのです。

2008年度のデータを見ると、1院あたりの年間平均収入は約1,000万円ですが、現在の4万院から5万院に増えるとするとどうでしょう。1%は1%のままなのですから、1院あたりの収入は約800万円ということになります。この少ないパイを取り合う厳しい現状に、先生方も危機感をお持ちのことでしょう。

売り上げを伸ばすには来院患者数を増やせばいい。でもどうやって?というのが悩みどころですよね。