1. HOME
  2. 記事
  3. 自賠責保険と鍼灸接骨院
自賠責保険と鍼灸接骨院
2015.04.24

自賠責保険と鍼灸接骨院

自賠責保険と鍼灸接骨院業界をも変える可能性を秘めた「知識」。2014年3月22日、朝日新聞一面に「自賠責むさぼる接骨院」と題し、患者紹介や連続来院に対する記事が掲載されました。毎日真面目に取り組んでいる先生方にとっては非常に苦々しい記憶ではないでしょうか。

業界をも変える可能性を秘めた「知識」

2014年3月22日、朝日新聞一面に「自賠責むさぼる接骨院」と題し、患者紹介や連続来院に対する記事が掲載されました。毎日真面目に取り組んでいる先生方にとっては非常に苦々しい記憶ではないでしょうか。

内容としては、121日連続来院という明らかに行き過ぎた例を取り上げ、またそういった事情を招いたとされる業界背景にも触れてあるものでした。しかし、読み手にとっては鍼灸接骨院業界全体のイメージを少なからず帰るような、インパクトのある記事でしたね。この新聞記事をご覧になった先生方の中には、HPや院内の掲載内容、現在行っている業に照らし合わせて「うちは大丈夫だよな・・・?」と不安になった方も多いと思います。

ところで、照らし合わせてみていかがでしたか?もしかして、何が大丈夫なのかぼんやりとしてはいませんか?あの法律の解釈から考えると・・・、保険適用範囲の定めから言うと・・・といった明確な答えをもって「大丈夫」と言えるでしょうか。

例えば、「患者様からの要望であり、喜んでもらえた121日連続来院」は、どの部分が何故だめだったのでしょうか。もちろん121日連続来院はおかしいと感じますね。では、10日なら良かったのでしょうか?5日なら良かったのでしょうか?この内容でそもそもおかしいのは来院日数ではなく、本来、施術期間は施術者がヒアリングや経過を見て定めるものであるのに、患者側が決めている点です。

また、自賠責に関して施術日に活用されること自体は違法ではないはずです。では、「交通事故施術ならご相談ください」「自己負担0円」「患者紹介」では何が問題とされ、本当はどこまでが違法ではなかったのか?柔道整復師法、弁護士法や医師法、景表法などから明確に答えることができる方は、おそらくごくごく一部なのではないかと思います。

定められていることを正しく活用しさえすれば、全く問題はありません。しかし、正しく活用するためには、しっかりとした知識をもって業にあたることが非常に重要で、そして大変難しい点になります。

そこで今回は、日本最大級の法律相談サイト「弁護士ドットコム」を関連会社に持つ弁護士法人法律事務所オーセンスの大久保弁護士に、交通事故・自賠責保険に関するお話を伺いました(2015年2月情報)。