柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師向け情報サイト
  1. HOME
  2. 記事
  3. アトラアカデミー厳選コラム
  4. 胃の役割は、吸収ではなく消化【物販奮闘記】

胃の役割は、吸収ではなく消化【物販奮闘記】

前回の続きで、胃の解剖学・生理学のお話です。食道から繋がっている胃の入口部分を噴門、胃から十二指腸へと続く出口部分を幽門といいます。胃壁は、内側から粘膜、3つの筋層、一番外側の腹膜で覆われています。 胃粘膜にはヒダが形成されているので、伸びたり縮んだりすることができます。食べ物が胃の中に入ると、ひだが伸びて最大約3倍に膨らみます。今回は「胃液の分泌」について解説していきます。

この記事が役に立ったらシェア!

胃液の分泌

胃液は、胃の粘膜にある胃腺から分泌されます。
胃腺には主細胞、壁細胞、副細胞(頚部粘液細胞ともいう)の三種類の細胞があり、主細胞からはペプシノーゲンが、壁細胞からは塩酸が、副細胞からは粘液が分泌されます。

ペプシノーゲンは消化酵素であるペプシンの酵素原です。塩酸の働きによって、たんぱく質を分解できるペプシンという酵素に変わります。ペプシンは、大きい分子であるたんぱく質を、分子量の小さいポリペプチドに分解します。

胃液には塩酸が含まれているため、PHが1~2程度の強い酸性になっています。そのおおかげで、外部から侵入した細菌などを殺菌することができるのです。副細胞から分泌される粘液は、胃壁を覆って、この強い胃酸から胃壁を守る役割をしています。

胃液を分泌する〈脳相・胃相・腸相〉

胃液分泌は、脳相、胃相、腸相の三段階で分泌されます。

食事を摂ろうとすると、視覚、味覚、嗅覚などが刺激され、その刺激が副交感神経(迷走神経)に伝わり、アセチルコリンが分泌され、胃酸の分泌を促進させます。これを脳相といいます。

食物が胃に入ると、その刺激によって幽門線からガストリンが分泌されます。肥満細胞などを刺激してヒスタミンを放出させ、胃酸の分泌が増加します。これを胃相と呼びます。

食べ物が十二指腸に達すると、小腸ガストリンが分泌されて胃酸の分泌と、胃の運動がさらに活発になります。
これを腸相と呼びます。

食べ物を砕いて十二指腸へ送る蠕動運動

胃壁の筋肉はそれぞれ走行の異なる斜走筋層、輪状筋層、縦走筋層という3つの層から成っています。


咀嚼によって噛み砕かれ、唾液と一緒に食道を通ってきた食物を、さらに蠕動運動によって細かく砕き、胃液と撹拌させていきます。これを繰り返すことで、胃の中の食物が粥状になります。粥状になればなるほど胃の蠕動運動は頻度も多くなり、ある程度の段階まで来ると十二指腸に運ばれていきます。

このように、胃では食物の消化がメインに行われ、ほとんど吸収されることはありません。水やブドウ糖、アルコールなどが、わずかに吸収されるだけです。

なお、胃の中の滞在時間は入ってくる内容物によって変わります。

液体は、比較的短時間で十二指腸へと送り出されますが、炭水化物は2~3時間程度、たんぱく質は4~5時間程度の時間がかかります。さらに、たんぱく質よりも時間がかかるのが脂質で、7~8時間程度の時間がかかると言われているのです。

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
事業計画書の書き方
無料DL事業計画書の書き方

接骨院を開業する際に必要な事業計画書は...

記事カテゴリ一覧