1. HOME
  2. 記事
  3. 施術スタッフの教育
  4. 強い組織とは?心技体で見る共通項(2)技術編
強い組織とは?心技体で見る共通項(2)技術編
2018.11.26

強い組織とは?心技体で見る共通項(2)技術編

強い組織の共通項である「心技体」から その強さの秘訣をお伝えしています。

心技体「技術編」=「仕組み」

一定の共通目標を達成する。

メンバー間の役割や機能が  
分化・統合されている集団。

「組織」。

円滑な院経営と
結果を生み出す仕組みには
この組織の「強さ」が
欠かせません。

強い組織の共通項である
「心技体」から
その強さの秘訣を
お伝えしています。

前回は「心編」でした。
https://www.hone-u.com/column/cate7b1zb/noteni1zb.php?mm=20181126_01

今回は技。
「技術編」です。

強い鍼灸接骨院における
技術は
ズバリ「仕組み」です。

強い組織の「仕組み」

顧客満足度、
そして従業員満足度を
追求していく仕組みが
必要になってきます。

その前提として
経営者の方には
常に
「原因自分論」を
意識いただきたいと思います。

現場で
何が起こっているのかを
常に観察し
常に
知っている状態に
しましょう。

うまくいっていない、
結果が出ない。

そんな時は
何が原因なのか。
まず自身ができることは
何であるかを
「原因自分論」で
導き出しましょう。

まずは自身ができることから
始めるのです。

あの時は成功したのに
今回は失敗だった。
そんなことはよく起こるので
恐れないでください。

さらに、
「当たり前」を
増やしてください。

掃除が行き届いているのは
当たり前。

元気な挨拶をするのは
当たり前。

スタッフが活き活きしているのは
当たり前。

スタッフ間のコミュニケーションが
充実しているのは
当たり前。

患者さんの情報が
スタッフ間で
共有できているのは
当たり前。

こうした当たり前が
増える仕組みが
組織を強くしていきます。

では
どのように「当たり前」を増やすのか?

1つ方法をご紹介します。

例えば
元気な挨拶をするのは
当たり前としたい。

そんな時は

「元気に挨拶をしましょう」
と伝えるのではなく

「立ち止まり
笑顔で      
元気に      
相手の目を見て
感謝の気持ちで
挨拶をしましょう」
と伝えてください。

方法を具体的に
伝えるということです。

もちろん
これを繰り返すこと。

まずは患者さんに対する
挨拶から見直してみましょう。

強い組織は挨拶から違いますよ。

アトラアカデミーチャンネル
【提供しているチャンネル】

アトラアカデミーチャンネル