記事ARTICLES

接骨院・鍼灸院法人化のメリット
2015.06.26

接骨院・鍼灸院法人化のメリット

事業が一定規模になると事業を個人から法人に移すケースが多くみられます。それは法人化により、多くのメリットを享受できることが最大の理由と思われます。では接骨院・鍼灸院業界において、法人化にはどのようなメリットが・・・

接骨院・鍼灸院法人化のメリット1

事業が一定規模になると事業を個人から法人に移すケースが多くみられます。それは法人化により、多くのメリットを享受できることが最大の理由と思われます。では接骨院・鍼灸院業界において、法人化にはどのようなメリットがあるのか見てみましょう。

1.税率が低い

稼いだ利益に対して課される税金としては、個人事業の場合「所得税+住民税+事業税」があげられます。所得税の税率は、利益額に応じて最低5%から最高45%まで上昇し、利益が大きいほど税率が高くなります。
単純合算した場合の税率は、最高25%にもなります。

一方法人の場合は、利益に応じて「法人税+住民税+事業税」を支払います。
法人税率は、利益が800万円以下だと15%、800万円超だと25.5%と、2段階に設定されています。住民税、事業税を含めたトータルの実効税率も、800万円までが23.2%、800万円超が36.05%となり、どれだけ利益が出ても税率はこれ以上上がりません。

概算ですが、一般的に個人事業の所得が700万円を超えるようになると、法人のほうが会社と個人を含めたトータルの税金が低くなります。

ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル

柔道整復師の道しるべとなる:ほねつぎアカデミー運営部から、療養費・技術・経営・開業・動向などの情報を動画やLIVE放送を通して配信しています。 チャンネル登録...