セミナーSEMINAR

レッドコード無料体験会

世界30か国に広まるレッドコードを体験・体感~驚くほど簡単に緩まる筋肉を体感してください~

このセミナーのお申し込みは終了いたしました

レッドコードをご存知ですか?

レッドコードは筋骨格と神経筋機能改善をコンセプトとした機器のことで
世界30か国で、医師・理学療法士・スポーツトレーナーなど様々な専門分野でその力を発揮しています。

施術者の負担を減らしつつ、患者様の筋肉を効率的に弛緩させたり
負荷をかけたりすることができ、用途のバリエーションがとても広いのが特徴です。
「サードハンド~第三の手~」とも呼ばれ
施術者や臨床家の施術補助の役割も強く、こだわった施術をしていきたい先生は必見の機器です。

当日はレッドコードのデモ体験に加え、実際の導入例もご紹介します。
今後の業界の動向とレッドコードが実は深く絡み合っている部分も
参加者の皆さんに特別にお伝えしたいと思います。

筋肉弛緩は「点」ではなく「面」から生まれる

Point1四肢や体幹を宙に浮かせることで筋肉の弛緩を生み出す

レッドコードは患者様の体を「点」ではなく「面」で支えているため、筋肉を効率よく弛緩させることができます。

Point2施術者のアシスタントとして活躍できる

スリングロープを用いると、まるで施術補助スタッフがいるように肢位を作ることができます。

Point3患者さまの体の状態に合わせて負荷をかけることができる

負荷漸増原理を活用することで患者さまに合った負荷レベルが段階的に設定されます。

患者様に力を抜くように伝えても上手く力を抜くことができず、
「筋肉の緊張が取れない」「施術が上手く進まない」
・・・といったことはよくあることです。

これ以外にも、施術者が筋肉に触れることで、
つまり指が「点」刺激となり緊張状態を生んでしまう場合もあります。

レッドコードは身体を「点」ではなく「面」で支えるため、
施術者の負担も軽減しつつ効率的に筋肉の弛緩を生み出すことができます。

こんな先生におすすめ

  • リハビリ分野に興味がある先生
  • トレーニング分野に興味がある先生
  • レッドコードに興味がある先生
  • レッドコードを知らない!という先生
  • レッドコードを体験する機会がなかった先生

当日の内容

  • レッドコード紹介
  • 世界のリハビリ・トレーニングの最新情報
  • デモンストレーション
  • 業界動向 接骨院(整骨院)・鍼灸院業界の現状と今後
  • 接骨院(整骨院)・鍼灸院でのレッドコード活用術

※技術修得のできるものではありませんので、
レッドコードをお持ちでない方に限定させていただきます。

※体験会後、ご希望の方のみ限定で
更に詳しいレッドコード導入の流れや貴院の問題点についてお話しいたします。

セミナー日程など
講義日程
受付終了

2017年5月28日(日)14時00分~17時00分
東京都北区上中里1-37-15 インターリハ株式会社

受付終了

2017年10月8日(日)14時00分~17時00分
大阪府大阪市西区立売堀4-6-9 大嘉ビル2F アトラセミナールーム

受付終了

2017年11月12日(日)14時00分~17時00分
東京都港区虎ノ門3-7-14 AMビルディング3F フィジオセンター

定員 15名 ※先着順
受講料 無料
このセミナーのお申し込みは終了いたしました