1. HOME
  2. 記事
  3. 療養費請求について
療養費請求について
2010.09.29

療養費請求について

ご自身の接骨院(整骨院)・鍼灸院の事業拡大を目指す人や、これから新規開業を予定している方にとって、療養費の請求業務をどうすれば良いかは、非常に大切な問題です。今回の「オスイチ!」は、療養費請求について。柔整の療養費請求はどのようにして生まれたのか。また、療養費請求の流れから療養費請求求代行サービスのメリットや選び方等についてご紹介いたします。

なぜ療養費請求が出来る様になったの?

昭和11年。当時は整形外科を行う病院や医師が非常に不足していました。国はこの状態を解消すべく、柔整師に対して現金給付で療養費請求が出来る様にしたのが、柔整における療養費請求の始まりです。

特に当時、日本国民は整形外科に行くよりも、従来の信頼のおける柔道整復師の施術を受けたがったのと、柔道整復師が行う施術の一部には整形外科医の行う医療方式と同一理論によるものがあるという理由により、被保険者保護の立場から認められた物でした。

そして幾度もの見直しがあり、現在の療養費請求(療養費請求)に至っています。