1. HOME
  2. 記事
  3. 多角的アプローチの革新 M.Iインパクト
多角的アプローチの革新 M.Iインパクト
2018.04.20

多角的アプローチの革新 M.Iインパクト

手技や大型機材では対応しきれない微細な部位のアプローチも可能にしたM.Iインパクト。 革新の最前線を走る方々にM.Iインパクトについて語っていただきました。

M.Iインパクトの魅力とは?

十亀社長(以下、十):まず、外に持ち出せるし置く場所も選ばない。あと、施術できる身体の部分も多いですね。足根骨や手根骨とか。「そんな部位も施術できるの!?」って感動できますよ。

川崎先生(以下、川):手技でもさまざまな関節の調整はできるんですけど、いくら練習しても得意不得意ってありますから。M.Iインパクトの場合だと、養成学校で習うような基本的な解剖学の知識は必要ですが、できない施術者っておそらくいないですよ。

石垣先生(以下、石):肉体労働から頭脳プレーになっていきますよね。

川:施術者って、身体を使って施術するじゃないですか。で、2~3年したら疲弊してしまって施術者が肉体的限界に達して身体に問題がおきやすくなります。M.Iインパクトがあればそこまで疲れません。

山下社長(以下、山):服を脱がなくていいのも良いですよね。鍼灸だと肌を見せていただかないといけませんし、鍼の打つ角度で効果に差が出たりしますけど、これはそこまで差は出ないです。

川:このポイントに、じゃなくこのゾーンに施術っていうイメージですね。

前川先生(以下、前):可動域の変化も確認しやすかったですね。あと、僕の場合は100%じゃないですけど患者さんのしびれが取れたことで、その紹介で遠方から来られる患者さんもいました。

山:しびれで困っている方は結構多いんで、しびれが軽減されたっていうだけで紹介してくれるのでありがたいですよね。

十:確かに。今まではしびれを施術でなんてとても…。

山:鍼灸でもできることって限られていて。病院でもしびれって難しいんですよね。

十:だからこそ、しびれの軽減って強みですよね。

前:一回でしびれを取り切るのはなかなか難しいと思います。まず1回M.Iインパクトで施術して、日常生活を送ってもらって、状態を聞き取りながら施術をしていく感じです。

石:手技の理論はいろいろありますが、これはすべての理論の手技を再現できますね。また、強さと周波数がコントロールできるので、手技では難しい部分も施術できる機械だと思います。