1. HOME
  2. 記事
  3. 本物の柔道整復師としての基盤を築く
本物の柔道整復師としての基盤を築く
2017.12.22

本物の柔道整復師としての基盤を築く

ほねつぎアカデミーでは、施術者のためのセミナーやイベントを毎週開催しています。中でも技術セミナーでは、全国から突出した技を持つ講師を発掘し、ご紹介しています。そんな先生方が長年研究してきたハイレベルな技術を習得するために開催しているのが「限定コース」。 数日間、徹底的に技術を学び、自信を持って患者さまに施術できるようになっていただくための特別なコースです。 第3弾となる今回は、この限定コースの中から「武田正骨 外傷対応プログラム 基礎編」をご紹介します。

限定コース講師に聞く~武田正骨 外傷対応プログラム 基礎編の魅力~

ほねつぎアカデミーでは、施術者のためのセミナーやイベントを毎週開催しています。中でも技術セミナーでは、全国から突出した技を持つ講師を発掘し、ご紹介しています。そんな先生方が長年研究してきたハイレベルな技術を習得するために開催しているのが「限定コース」。数日間、徹底的に技術を学び、自信を持って患者さまに施術できるようになっていただくための特別なコースです。

第3弾となる今回は、この限定コースの中から「武田正骨 外傷対応プログラム 基礎編」をご紹介します。


◆柔道整復師としてのアイデンティティを持つ
自費施術の導入が主流となりつつある今、先生方は本来の柔道整復師としての役割を忘れかけてはいないでしょうか。本来、柔道整復師とは「骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷」の施術を行うことができる国家資格者です。しかし、怪我をされたときに接骨院へ処置をしてもらいに向かう方は何人おられるのでしょうか。行政から施術が認められているにもかかわらず、外傷対応ができる接骨院はそう多くはないというのが現状です。実際、テーピングやギプスを巻いたことがほとんどない施術者も少なくありません。

昨年から開講した「武田正骨 外傷対応プログラム 基礎編」は、柔道整復師であるならできていてほしい基本的なテーピング・ギプス固定法を4日間で学ぶことができます。ただ巻くだけではなく、機能的かつ再現性が高い固定法を習得できるということから、多くの施術者の注目を集め続けている技術セミナーです。