記事ARTICLES

役員報酬はいくらに設定すべき?
2015.12.18

役員報酬はいくらに設定すべき?

役員報酬はいくらに設定すればいいのでしょうか?これまで顧問の税理士から、「法人の利益をゼロにするように役員報酬を決めましょう」とアドバイスされてきた先生も少なくないと思います。しかし近年の税制改正等により、そうとは限らなくなっていることはご存じでしょうか?

役員報酬はいくらに設定すべき?

■税制改正により、状況は変わってきている

役員報酬はいくらに設定すればいいのでしょうか?これまで顧問の税理士から、「法人の利益をゼロにするように役員報酬を決めましょう」とアドバイスされてきた先生も少なくないと思います。

しかし近年の税制改正等により、そうとは限らなくなっていることはご存じでしょうか?

近年改正された内容で重要なものは次のとおりです。

1.役員報酬が年間1,500万円を超えても、給与所得控除は245万円で一定。

2.法人税率の最低が、18%から15%に低下。

3.所得税率の最高が、40%から45%に上昇。




要は、「法人の税金は安く、個人の税金は高く」なったということです。
今後は、役員として報酬をとって所得税を払うべきか、それとも役員として報酬をあまり取らずに法人で利益を出して法人税を払うべきか、よく考える必要が出てきたのです。

ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル

柔道整復師の道しるべとなる:ほねつぎアカデミー運営部から、療養費・技術・経営・開業・動向などの情報を動画やLIVE放送を通して配信しています。 チャンネル登録...