1. HOME
  2. 記事
  3. 接骨院業界のトレンド特集 海外進出
接骨院業界のトレンド特集 海外進出
2018.09.21

接骨院業界のトレンド特集 海外進出

亜急性の文言撤廃など、療養費の取り扱いに関する様々な改定や広告ガイドライン策定に関する法整備が刻々と進み、接骨院業界を取り巻く環境は激変しています。約45,000件に上る接骨院が乱立する中、将来に不安をお持ちの方も多いことと思います。今回は、今後を考えるひとつの指針として、接骨院で海外進出を果たした経営者の方をご紹介いたします。

接骨院海外展開への挑戦

株式会社按幸堂 代表取締役であり、柔道整復師、鍼灸師の資格を持つ徳見 崇氏。病院での経営幹部としての経験を経て、日本国内で10院の接骨院・整体院を経営する他、介護事業(デイサービス)も手掛けておられます。2018年7月、タイ・バンコクへの接骨院出店を果たし、現在はHONETSUGI THAILAND.CO.,LTDのオーナーもされています。そんな徳見氏に、海外出店に踏み切った経緯と今の思いについてお話を伺いました。