1. HOME
  2. 記事
  3. はじめての開業
  4. 開業時の集患で大切な各種ツール・広告とは?

開業時の集患で大切な各種ツール・広告とは?

接骨院開業の際に必要なオープンチラシ、名刺、ホームページ制作など、口コミを生むための宣伝広告について解説します。

この記事が役に立ったらシェア!

接骨院の開業時に必要な各種ツール

接骨院・鍼灸院を開業する際必要になるのが、施術券、問診票(ヒアリングシート)、各種POP、名刺、封筒などです。これらのツール作成時には、接骨院改装時の看板デザインや内装を決めた際のテーマカラーやコンセプトイメージを意識しながら作成を進めていきましょう。ツール作成や印刷手配は時間も手間もかかりますので、一括で引き受けてくれる業者に相談してみることもおすすめです。

宣伝広告の媒体

接骨院・鍼灸院に限らず、チラシなどで宣伝広告を行うことは集患の第一歩です。「私たちの接骨院は、こういった施術を行っています」という基本的なメッセージを伝えることはとても大切なことです。

新聞の折込やポスティングによるチラシ、駅看板、ポスター、地域の情報誌への掲載、DM、ホームページなど、様々なメディア媒体があります。「地域性」や「費用対効果」を考慮し、媒体を選定しましょう。

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

既に会員登録をお済ませいただいている方は、
ログインページよりログインしてお進みくださいませ。

スマホダイエット導入プログラム

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
訪問鍼灸・マッサージを始める前に知っておくべきこと
無料DL訪問鍼灸・マッサージを始める前に知っておくべきこと

新型コロナウイルス感染症の影響で、利用...

記事カテゴリ一覧