1. HOME
  2. 記事
  3. 連載コラム「接骨院勤務日報」
  4. 接骨院勤務日報【第2章人物紹介】

接骨院勤務日報【第2章人物紹介】

第2章【こうして僕は、副院長になった。】登場人物

この記事が役に立ったらシェア!

主人公

【僕】
このコラムの語り手であり主人公。柔道整復師1年目。勤務する鍼灸接骨院の副院長になるべく奮闘するのだが、さまざまは問題に直面することになる。

第2章登場人物

【日野さん】
〈僕〉が勤務する鍼灸接骨院の副院長の1人である鍼灸師。鍼灸部門の責任者として、主に訪問施術を中心に施術にあたっている。


【東さん】
〈僕〉が勤務する鍼灸接骨院グループの中では若手筆頭株の副院長。見た目は派手だが仕事熱心で面倒見が良い。今後も仕事を一緒にやっていく仲間になる。


【中島さん】
〈僕〉が高校時代の時にお世話になった部活の先輩。先輩との関係が上手くいっていなかった〈僕〉に対し、人付き合いのアドバイスをする。


【岩田さん】
院長(1章)の後釜で院長に就任する。業績に対する執着は誰にも負けず、運営での創意工夫の能力に長けている。


【西山さん】
施術の技術力は高く患者さまからも評判がいい。岩田さんが院長就任後、運営方針に不満を抱き始める。

第1章からの登場人物

【田島さん】
主人公の先輩であり世話役の女性鍼灸師。さばさばした性格ではあるが、〈僕〉に親身になり、よく相談に乗る。この物語を一緒に進んでいくことが多かったが…。


【院長(1章)】
〈僕〉の仕事に対する価値観を作った恩人。物語の中では重要なメンターとして存在している。一風変わったところはあるが、物事を俯瞰してみる能力と問題解決能力は抜群に優れている。第2章では、〈僕〉が勤める鍼灸接骨院の院長を辞めることになる。


【大嶋さん】
〈僕〉が勤務する鍼灸接骨院の副院長の1人である柔道整復師。他業種からの転職組で、根っからの職人気質な人情味ある先輩である。ただし、頑固なところもあり…。




(注)このコラムは、実話に基づいた作品です。個人情報保護のため、登場する人物・団体名、設定等は一部変更しています。

接骨院開業の流れ

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

開催中のセミナー

自費導入の落とし穴
無料DL自費導入の落とし穴

自費導入をしている接骨院が増えてきてい...

記事カテゴリ一覧