1. HOME
  2. 記事
  3. 新型コロナウイルス感染症関連
  4. 新型コロナ対策で紹介したい5つの事例
新型コロナ対策で紹介したい5つの事例
2020.04.21

新型コロナ対策で紹介したい5つの事例

新型コロナ対策に取り組まれている接骨院の皆さまへ、5つの事例と今取り組むべきことをご紹介させていただきます。

新型コロナウイルス感染症に対して今出来ることは?

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、接骨院の来院数や売り上げの減少は、仕方がないことなのでしょう。患者さまも、自ら外出を自粛されており、なるべく外には出ない、接骨院に行きたくても我慢するという方もいます。
しかし、中にはメディアや風潮に押されて、通院を断念する方も多く、そんな方々に対し接骨院側でその不安を払拭できる要素がない、または弱いということは問題なのかもしれません。
この先、今と同じような状況が起きないことが一番良いのですが、別の要因により外出自粛が要請される状況になっても、地域の人々の健康を守る施術者として、どれだけ事前に情報をキャッチでき、どのような対応をしていくのかが重要になります。

◆接骨院の事例紹介
・経営者兼院長のA院(京都府)
・複数人のスタッフがいるB院(大阪府)
・SNSを活用しているC院(滋賀)
・高齢者の患者さまが多いD院(大阪府)
・分院展開をしているE院(奈良県)

◆今できることを、できるだけ速く取り組む
・マスク・衛生商品は必ず購入
・除菌・清掃は徹底的に
・換気はこまめに行う
・施術着(白衣等)は複数枚準備をする。

アトラアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
アトラアカデミーチャンネル
【提供しているチャンネル】
アトラアカデミーチャンネル