1. HOME
  2. 記事
  3. アトラサービス紹介
  4. 楽トレの特徴
楽トレの特徴
2019.12.24

楽トレの特徴

楽トレは、大腰筋・腸腰筋・菱形筋・肩甲拳筋など、患者さまの症状や目的に合わせ様々な部位へのアプローチが可能です。 特許取得のダブルインパクト波形(複合高周波)によって深部まで通電し、インナーマッスルとアウターマッスル両方を同時に鍛えることができます。手技だけでは限界だった施術の可能性をぐっと広げる施術者のパートナーです。

■「楽トレ」は複合高周波(ダブルインパクト波形)

一般的なEMSが、周波数1,000~8,000Hz、通電2~3㎝(干渉波として)、アウターマッスルへ作用するのに対し、
楽トレは、周波数1~50万Hz、通電15cm以上、インナーマッスルとアウターマッスルへ作用します。
そのため、奥の奥まで届き深部の筋肉(インナーマッスル)に働きかけることができます。
この複合高周波「ダブルインパクト波形」は、平成26年5月9日に日本国内特許を取得しています。(特許番号:第5535405号)
インナーマッスルとアウターマッスルを同時に収縮可能な唯一の特許波形です。

■「楽トレ」の5つのモード

楽トレは、5つのモードがあり、細かい設定なしに患者さまの目的に合わせモードを選ぶだけでアプローチが可能です。
インナートレーニング
インナーマッスルに特化した深層部へのアプローチ可能なモードです。

シェイプアップ
インナー、アウターマッスルを効果的に鍛えられる万能モードです。

筋力トレーニング
筋力アップの補助や積極的な増大に適したモードです。

リラクゼーション
筋ポンプ作用により、血流促進とリラクゼーション効果を目指すモードです。

複合高周波EMS 楽トレ
【紹介しているサービス】

複合高周波EMS 楽トレ