1. HOME
  2. 記事
  3. 接骨院の症例・経営事例
  4. M.Iインパクト導入院さまの声「得意としていた筋膜へのアプローチの質がさらに向上した」

M.Iインパクト導入院さまの声「得意としていた筋膜へのアプローチの質がさらに向上した」

振動療法機器「M.Iインパクト」導入院様へインタビューを行いました。(個人の感想・意見であり、効果効能を保証するものではありません。)

この記事が役に立ったらシェア!

インタビュー

和歌山県で田淵整骨院を運営されている田淵裕規氏。1日50~60人もの患者さまを一人で対応し、ほぼ全員がリピートにつながっているそうです。田淵氏に、M.Iインパクトについてのインタビューを行いました。

当初は半信半疑だったが、体験して身体の変化に驚いた

M.Iインパクトを導入した当初は半信半疑でしたが、脊柱への施術を受け身体の変化に驚きました。普段特に痛みなどは感じていませんでしたが、施術後身体がとても楽に感じました。今までこの身体で普通に生活していたけれど、実は普通ではなかったということを実感できました。この体験があり、即決で購入しました。購入後に活用方法についてのバックアップがあり、とても助かりました。

今は、1日50~60人程の患者さまを一人で診ています。新規で来院された方は、ほぼ全員リピートされている状況です。

術後すぐに変化を感じる患者さまが多い

患者さまがお話される言葉で、不調のもとを見極めています。「(身体が)詰まったかんじ」だと関節、「引っ張る」「引きつる」だと筋肉、「引っかかる」だと関節…というかんじです。

施術はその患者さまの症状を見ながら臨機応変に行っています。基本的には、自分の理論に基づく手技を行うことが多く、それでも足りないと感じた際、M.Iインパクトをはじめとする機械を用いた施術を行います。M.Iインパクトは、患者さまが「ここが痛い」と指さした箇所に用いることが多いのですが、術後すぐに変化を感じられる方が多いです。

患者さまをお待たせすることがないよう、短時間で症状を聞きながら、不調のポイントをいち早く見つけられるよう心掛けています。

草刈りをしていて肩を痛めた患者さまが来られた時のことです。腕が動かせず、触ると強い痛みを訴えていらっしゃいました。手技からスタートし、状況を見ながらM.Iインパクトを使用したところ、肩の可動域が明らかに広がっていることを感じました。翌日経過観察のために来院いただいたところ、腕の不調はほぼなくなっていました。

筋膜へのアプローチの質がさらに向上

もともと自分の中で確立していたメソッドが、M.Iインパクトを取り入れることでより強化され、得意としていた筋膜へのアプローチの質もさらに向上したと感じています。M.Iインパクトによって、多くの患者さまを素早く救済できるようになりました。

自分の持っている筋肉へのアプローチ方法と、アトラグループから教わった関節に対するM.Iインパクトの使い方を突き詰め、新たな施術方法を見出したいと思っています。

接骨院開業の流れ

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
自費導入の落とし穴
無料DL自費導入の落とし穴

自費導入をしている接骨院が増えてきてい...

記事カテゴリ一覧