1. HOME
  2. 記事
  3. アトラアカデミー番外編
  4. 「療養費請求このままで大丈夫?」あなたの院の問題点を簡単チェック!

「療養費請求このままで大丈夫?」あなたの院の問題点を簡単チェック!

院運営において何が課題かわからない、漠然と不安という方も多いのではないでしょうか?接骨院における療養費請求、患者管理、スタッフ管理といった問題点をチャートで簡単診断!

この記事が役に立ったらシェア!

こんな方は今すぐ診断を!

・窓口負担金を増やしたい
・丸め料金で大丈夫か不安
・売上を上げたいけど院の経営課題がわからない
・月末に療養費請求額を調整している…

療養費請求は今後も厳しくなる?

審査会による患者調査や厚生(支)局による施術録等の閲覧や面談指導など、接骨院の療養費を取り巻く環境は以前と比べ厳しくなっています。
これは、過去に接骨院業界での不正請求問題が多く発生していたという背景があるからです。患者さまのニーズで多い「肩こり」「腰痛」には保険が適用できないなどの理由で、施術回数や部位数の水増し、部位転がしや部位数の変更をしても申請を通ってしまっていた事が、一部の施術所が不正請求に手を染めることに繋がっていたのです。

こうした一部の不正請求によって、健全に経営している柔道整復師にまで疑いの目を向けられ、業界全体に悪影響が出ていると考えられます。

横行する不正請求に対して国も対策を取っており、今では患者さまの情報提供(回答書)や、厚生局の指導や監査の強化に伴い、不正請求が発覚している事例があります。

このように、業界全体で厳しくなると考えられている療養費請求ですが、それでも無くなるわけではありません。捻挫やぎっくり腰など、急性の外傷を負った患者さまにとって健康保険が利用できる施術は必要不可欠です。正しい療養費請求を心掛け、患者さまのために必要とされる業界でありたいです。

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

既に会員登録をお済ませいただいている方は、
ログインページよりログインしてお進みくださいませ。

接骨院開業の流れ

アクセスランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Googleマップで集患する5つのポイント
無料DLGoogleマップで集患する5つのポイント

今、Googleが提供している無料サービスのG...

記事カテゴリ一覧