記事ARTICLES

患者さまへの「提案」は施術前に
2018.05.07

患者さまへの「提案」は施術前に

特に初めてその接骨院を訪れた患者さまにとっては、自身の身体がどんな状態なのか、どんな施術を受けることになるのか、施術期間はどのぐらい要するのかなど、様々な不安が頭をよぎります。

施術前の患者さまは不安

昨今では「インフォームド・コンセント」という言葉も広く知られるようになり、施術を受ける患者さまの知る権利が重要視されるようになりました。施術を受ける側としては、自身の身体がどんな状態なのか、どんな施術を受けることになるのか、施術期間はどのぐらい要するのかなど、気になる点が多々あるはずです。

施術を受ける上での気になる点が全て解消され、患者さまに納得いただいた状態で施術を始めることが望ましい状態だと言えます。このことからも、「提案」は必ず施術前に行いましょう。

では、「提案」とは具体的にどのようなことを指すのでしょうか。

ほねつぎアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
執筆者
石垣 雅則Ishigaki Masanori
・過去50院以上の接骨院を運営およびコンサルティング経験あり ・多くの院長、接骨院チェーンのSVへの研修を行ってきた実績を持つ ・圧倒的な身体に関する知識を有する 柔道整復師
よりよい施術を探し続ける探究者

現在も現場で多くの患者に触れており、改善を繰り返しながら新しい施術法を開発する。 柔道整復術だけではなく鍼灸、整体、カイロ、機材、テーピング、指圧、トムソン、腰痛など種類問わず身体に関する理論・技術を貪欲に追い求め、自身の技術に組み合わせ続けてきた。 院長業務を兼任しながら、HONEY-STYLEの自費メニュー開発、ほねつぎブランドの技術研修総合指導を務める。 現在はアトラ株式会社において、全ての技術指導、技術開発を務め、ほねつぎブランドにおいての指導強化にあたっている。 ほねつぎチェーン 技術総責任者。

ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル