記事ARTICLES

無計画な運営をする者は経営者ではない
2018.05.21

無計画な運営をする者は経営者ではない

接骨院を運営する上での計画の重要性、継続的に収益を生むストックビジネスという選択肢についてお話します。

接骨院経営における「計画」の重要性

今回は、接骨院における「計画」について取り上げてみようと思います。

私は「無計画な運営をする者は経営者ではない」と考えています。その理由は追々ご理解いただけることと思います。

まずはなぜ「計画」なのかについてお話します。

一昔前のこの業界では「計画」なしで運営が成り立っていました。接骨院運営にかかる費用を、計画なしでも賄えていたということです。しかし今はどうでしょうか。

昔のように無計画で運営していて赤字になってしまった…という経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。ふと立ち止まった時に「この院を何年続けられるのだろう」と不安に駆られた方もいるのではないかと思います。今日、明日で閉院しても問題ないということであれば、特に経営、計画について考える必要はありません。しかし、「できればずっと運営を続けていきたい」という想いがあるとすれば、そこには必ず「計画」が必要になります。

この業界では、療養費制度が大きく関わっています。療養費制度は2年毎に見直しが行われています。制度が変わっていくのに、運営はそのままでよいのでしょうか。そこにはやはり「計画」が必要だと言えます。

ほねつぎアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル