記事ARTICLES

●●なスタッフへの処方箋(2)イケイケタイプ
2018.02.19

●●なスタッフへの処方箋(2)イケイケタイプ

人はそれぞれに個性があります。 当然、接骨院(整骨院)・鍼灸院に 勤める人もそれぞれ個性があり それぞれ違います。 だからこそ、 育て方も一つではありません。 それぞれに合った処方箋が 必要です。

●●なスタッフへの処方箋(2)イケイケタイプ

こんにちは。
スタッフ教育担当の塩中です。

●●なスタッフへの処方箋ということで
私が困ったな~と悩んだスタッフのタイプを
その対処法と共にお話ししようと思います。

第2弾は「イケイケタイプ」です。

例えば、こんなスタッフはいませんか?

●とにかくお金を儲けたい
●売上実績に執着している
●売上実績は良いがクレーム件数も多い
●自身より実績の低い人間の言うことを聞かない
●チームワークよりも自身の評価が重要

いかがでしょうか?

院の経営で考えますと
まず売上実績が高いということは評価ができます。

しかしクレーム件数が多いということは
そのやり方をすべて認めることは難しいでしょう。

また、チームワークよりも自身の評価を重要視している場合
スタッフ間での衝突、院内雰囲気の悪化など
問題の発生が予想されます。

人材を育成する者として
経営者、院長先生はどう接していくと良いでしょうか?

ほねつぎアカデミー会員登録をすると続きをお読みいただけます。
執筆者
塩中 一成Shionaka Kazushige
・状況に応じて素早い判断を下す対応力を持つ ・自身の経験から接骨院での人材育成の重要性を説く ・問題をチャンスに変えるプラス思考力を持つメンター育成を実施 柔道整復師、鍼灸師
経験豊富な人材育成の名人

院長、代表取締役などを歴任。 その中での自身の失敗も含めた、今までの豊富な経験、体験した多くの事例を基に、身につけた臨機応変な対応力を活かし、問題を自分で解決することのできる人材の育成に尽力。 全国95院(2017年7月)の大型鍼灸接骨院 ほねつぎチェーンの開業研修、関連鍼灸接骨院の支援研修、12か月間のリーダーシップセミナーを続けている。

ほねアカチャンネル
【提供しているチャンネル】
ほねアカチャンネル

柔道整復師の道しるべとなる:ほねつぎアカデミー運営部から、療養費・技術・経営・開業・動向などの情報を動画やLIVE放送を通して配信しています。 チャンネル登録...